垂れたくない!バストが垂れ下がってしまうNG習慣とは? | LaM beauty

垂れたくない!バストが垂れ下がってしまうNG習慣とは?

理想は上向きバスト……

女性のコンプレックスの1つであるバストの悩みには大きさや形など人により色々あると思いますが、いずれ訪れるのが「垂れ胸」の問題です。
バストが垂れてしまう原因は加齢以外にもあり、20代でも生活習慣によりバストが垂れる事があります。
また、つんと上向きの形の良いバストをキープ出来なくなってしまうNG習慣があります。
普段私たちが何気なく行っている日常習慣がバストトップ下垂を招いている可能性があります。
理想的なバストトップの位置は、肩と肘のちょうど中間地点から少し上くらいになります。
いかがでしょうか?あなたのバストトップは理想的な位置にありますか?
ここでは、バストが垂れないように気を付けたいNG習慣について紹介していきたいと思います!

気を付けたい身近なNG習慣とは?

①スマホチェックやパソコン作業中の猫背

スマートフォンやパソコンを長時間使用すると、猫背になりがちになります。
猫背になってしまうと肩甲骨周りが固くこわばってしまう事でバストの形を悪くさせてしまいます。
また姿勢の悪さはバストの下垂にも直結してしまうので気を付けましょう!
しかし、仕事で長時間のパソコン作業を行っている人も多いはずです。そんな時は、定期的に肩を回すよう心がけてみましょう。
腕を上方向に向かって上げるだけでも脇の下のリンパを解放する事が出来ます!

②苦しいからとノーブラで過ごしている

ブラジャーの締め付けが苦手だからと、家に居る時はノーブラで過ごす人も多いのではないでしょうか?
しかしこれはバストにとって最悪の環境と言えるでしょう。
バストに揺れは大敵です。揺れる事でバスト内部の靭帯が切れてしまい年齢と共にどんどん下垂する原因となります。
出来る事なら就寝中もバストが広がらないようにナイトブラなどを着用するのがオススメです。

オススメナイトブラ♡

MICHIBIKI(導)脇肉・背肉逆流動リメイクアップブラって?MICHIBIKI(導)脇肉・背肉逆流動リメイクアップブラは、背中や脇からはみ出てしまった贅肉を逆流補正して胸へと導いてくれる今話題のバストアップ補正下着です!発売開始後に大手

③運動不足

大人になるとどうしても日常的に運動を行う習慣が減ります。
それにより肩周りや胸周りの筋肉が衰えてくると、それに比例するようにバストの下垂が引き起こされます。
セルフヨガやストレッチ程度の簡単に行えるもので構わないので日常的に運動を取り入れるようにしましょう。

④喫煙

喫煙は私たちの身体全体の健康に悪影響を及ぼすだけではなく皮膚や筋肉の状態を劣化させてしまいます。
たばこに含まれている有害物質は、コラーゲンの生成を低下させ血行不良を引き起こしてしまうため、皮膚の弾力やハリが失われる原因になります。
その結果、加齢が加速してバストを始めとする皮膚のたるみを引き起こします。

⑤ライフスタイルが活発ではない

座りっぱなしの生活を続けていると体内外に悪影響を及ぼします。
活発に活動しない事で、肥満や日常生活に影響を与える様々な慢性病にかかってしまうリスクが高まります。またライフスタイルが活発でないと、乳房の筋肉が使われずに放置されるので胸のハリや弾力が失われます。
胸や特定の筋肉に特化して作られた多くの運動などを行うようにしましょう。

⑥日焼け止めを塗らない

肌の老化や退化を予防するために日焼け止めは欠かせません。
毎日日焼け止めを塗らない事で受けてしまう紫外線の悪影響は計り知れません。
日焼け止めを塗らない事で紫外線の影響を直接受ける胸はその弾力とハリを失います。
そのため肌を若く健康に保つために必要な成分であるコラーゲンやエラスチンの減少に繋がります。

⑦厳しい食事制限をしている

厳しい食事制限やダイエットは皮膚や筋肉に悪影響を及ぼすため、若いうちから胸が垂れてしまうリスクが高まります。
厳しいダイエットには栄養不足になり、急激な体重の増減により筋肉も失ってしまいます。
以下の栄養素を含むバランスの良い食生活を維持出来るよう心がけましょう。

・たんぱく質
・ビタミン類
・ミネラル類
・食物繊維
・必須脂肪酸
・抗酸化物質

⑧アルコールの過剰摂取

1日1杯のワインは多くの興味深い健康維持効果があると言われていますが過剰にアルコールを摂取すると思いがけない副作用に悩まされる事もあります。
アルコールの過剰摂取は、肝臓や代謝の異常を引き起こすだけではなく、肌のハリに直接影響を与えてしまい早老や胸の弾力やハリが失われる結果となります。

垂れ乳を防ぐ筋トレ方法

バスト自体が筋肉で出来ているわけではありませんが体力を維持して新陳代謝を活発にするにはバストやデコルテ周りの筋肉を老化させない事が大切になります。
筋トレを取り入れる事で上半身を若々しく保ちましょう!

1,両手を押し合うように左右から力を入れて押す。(ゆっくりと息を吐きながら10秒ほど行う)
2,両手を左側の乳頭の前に移動して同様に10秒かけて押し合う。
3,両手を右側の乳頭の前に移動して同様に10秒かけて押し合う。
(これは左右どちらから行っても大丈夫です!)

上向きバストを手に入れよう♡

いかがでしたでしょうか?
今回紹介した生活習慣から影響を受けない人も居ますが多くの人はバストに影響を受けます。
生活習慣を改める事でバストを若々しく維持出来るようにしましょう♪