睡眠不足は太りやすいって本当?その原因について調べて見ました! | LaM beauty

睡眠不足は太りやすいって本当?その原因について調べて見ました!

睡眠不足により太りやすくなる!?

実は睡眠不足はダイエットの天敵って知っていましたか?睡眠不足は太りやすくなる大きな原因となります。
どれだけダイエットを頑張っていても毎日寝不足とダイエット効果も半減してしまいます。
では一体どのくらいの睡眠時間を確保すると太りにくくなるのでしょうか?
睡眠と太る原因について調べて見ました!

睡眠不足が太りやすい原因って?

毎日ダイエット宣言をしている人はたくさん居ると思いますが、睡眠不足だと太りやすくなるって聞いた事はありませんか?
様々な諸説がありますが、太る1番の原因は食欲が出てしまうためです。
思い出して見て下さい。受験生の時、夜中に食べるラーメンが美味しかったと言う記憶はありませんか?その時に食べていたラーメンってもし寝ていたら食べる必要がなかったですよね?

睡眠を取らずにいると夜中の食事量が自然と増えてしまい、食欲を増進させる「グレリン」と言うホルモンが分泌されてしまいます。
そのため、夜中にカロリーを摂取してしまうと朝起きた時に身体が重く、朝ご飯を食べずに会社や学校に行きます。それにより食生活が不規則になってしまい太りやすくなります。

美味しい食べ物を我慢し、適度な運動を取り入れながらダイエットをしていても睡眠不足の人は、睡眠をしっかりと取っている人よりもダイエット効果を得られない事も分かっているそうです。

更に運動不足だと筋肉が減ってしまうと言うデーターも出ています。
基礎体力の源である筋肉が減ってしまうとせっかく行っているダイエット効果も半減してしまいます。
そのため睡眠不足だと食欲が増進され、筋肉量が減り太りやすくなってしまいます。

回避するためには?

睡眠不足だと太りやすくなりますが、仕事が忙しくどうしても睡眠をしっかりと確保出来ない人も居ると思います。
睡眠不足でも、太りやすくならないように回避するための方法を紹介していきます♡

①意識的に食べる事を控える

まずは意識的に食べる事を控える事から始めましょう。夜中にラーメンや炭水化物を食べると太りやすくなる事は明らかです。
どうしてもお腹が減ってしまった時は、春雨が入った野菜スープなどを食べるようにしましょう。

②リラックスする

寝る前までテレビやスマートフォンなどをダラダラと見る事はせずにリラックスする時間を作りましょう。
よくスマートフォンで目覚ましを設定している人が居ますが、スマートフォンから出ている微弱の電波で脳波が乱れて快適な睡眠を取れない可能性があります。
しっかりと睡眠を取り太りにくい身体を作る事が大切ですが、そうしても睡眠不足になってしまう時は良質な睡眠の妨げとなる物を回避するようにしましょう。
また、夜しっかりと睡眠を取れない人は昼休みなどの10~20分ほど昼寝の時間を作りましょう。
睡眠を分散させる事で睡眠不足を解消出来て、太りやすくならないように回避する事が出来ます。

睡眠導入剤は太りやすいって本当?

不眠症などで眠れない時に役立つ睡眠導入剤ですが、太りやすい成分は入っていません。
そんな成分が配合されていたら睡眠不足で太りやすくなるのに、その睡眠を取るための睡眠導入剤で太りやすくなってしまうと言う事になってしまう矛盾が生まれてしまいます。

薬の成分で血流が良くなる事で食べたものの栄養が身体に吸収されやすくなり、不安や疲れ・ストレスなどが軽減される事で食欲が出る事から太りやすくなると誤解されています。

人は不安な事があると食欲がなくなってしまう事ありますよね?それが改善される事により食欲が出てしまい、ついつい食べ過ぎてしまいます。

睡眠導入により睡眠がしっかりと取れるようになり、身体がリラックスして食欲が増進されしっかりと身体に栄養が行き渡る事で体重が増えてしまうのかもしれません。

睡眠導入剤を使用してから太ってしまった人は、処方してくれたお医者さんと相談して薬の種類を替えてもらうのも良いでしょう。
また適度な運送や食生活を送る事で睡眠導入剤を使用しないと言うのも良いでしょう。

太りやすい睡眠時間ってあるの?

人の睡眠時間は平均的に7~8時間程度が好まれます。
4時間ほどしか睡眠を取らない人は7時間ほど睡眠を取っている人と比べると倍以上に肥満になりやすいと言うデーターが出ているそうです。5時間寝ても6時間寝ても太りやすいと言われているそうです。

睡眠時間が短いと言う事は起きている時間が長いと言う事なので、起きている事により毎日必要な消費カロリー以上に食べ過ぎてしまう事が原因となります。
また、脂肪を作り溜め込んでしまう物質はたんぱく質になります。たんぱく質は時間でコントロールされていると考えられていて昼は少なく、夜になると少しずつ増えていきます。
深夜2時頃が最大となり、2~3時まで起きているとどうしてもお腹が減り夜食を食べてしまいます。

仕事が忙しく夜ご飯を食べる時間も遅く睡眠時間が足りていない時、睡眠をしっかりと取っている人よりも脂肪の蓄積量が多い事も分かっています。
睡眠時間が短ければ短いほど太りやすくなってしまうので、出来るだけ睡眠時間を確保出来るようにしましょう。

太りにくいカラダづくりのカギは睡眠


太りにくい身体を作るためにも睡眠はとても大切です。
また睡眠不足は脳機能も正常に働かなくなるため、適切な睡眠時間を確保出来るよう心がけましょう♪

スポンサーリンク

よければフォローお願いします