肌荒れの原因は、肌水分が蒸発して乾燥しているため!? | LaM beauty

肌荒れの原因は、肌水分が蒸発して乾燥しているため!?

肌水分が蒸発してしまうとどうなるの?

毎日しっかりスキンケアを行っているのに、お風呂上りや洗顔後に顔がつっぱっている……あなたは、そんな経験はありませんか?
お風呂上りなどに顔がつっぱってしまうのは急激に肌水分が蒸発しているからです。
そのまま放置したり、対処しないまま放置したりすると乾燥肌になってしまい、更には敏感肌にもなる可能性があります!
肌水分が蒸発して角質が薄くなってくると、つっぱり感の他にも「肌がテカテカする」「肌がゴワゴワしている」などの症状も出てきます。
普段良いと思っている何気なく行っているスキンケアが、肌に悪影響を与え、乾燥肌を悪化させてしまっている原因になる事もあります。
肌水分が蒸発し、肌荒れを引き起こさないためにも乾燥肌を予防していきましょう♡

肌が乾燥してしまう原因とは?

肌の乾燥とは、角質層の水分量が30%以下で肌本来の保湿機能が上手く働いてない状態の事を言います。以下のような肌状態が続いていたら、乾燥肌の可能性があります。

・肌がカサカサ、ザラザラ、ゴワゴワしている
・何となく肌が硬い気がする
・洗顔後に必ず顔がつっぱる
・若いのにシワが気になる
・化粧ノリが悪い

肌の水分量は「NMF」と呼ばれている皮脂や天然保湿因子、細胞間脂質によって保たれています。

しかし、皮膚・呼気・発汗により自然と減少していき、体内または大気中の水分により供給されています。
肌の水分量が減る原因としては主に、「加齢」「体質」「ストレス」「睡眠不足」「間違ったお手入れ」「気候」大気汚染などの環境があります。
肌の乾燥をそのままにしておくと、シミやシワ、くすみなど多くの肌トラブルの原因となります。

乾燥肌ってどうしてなるの?

乾燥肌の原因は大きく分けて2つになります。

◇内的要因

・生活習慣の乱れ

喫煙や寝不足、偏った食生活などは美肌の大敵です!特に、たばこは美肌作りには欠かせないビタミンCを奪ってしまいます。
乾燥肌を改善するにはまず、たばこを止めましょう。内的要因のたばこや食生活は努力次第で改善する事が出来ます。
また、肌は22時~深夜2時の間に細胞が生まれ変わるため、この時間帯に睡眠を取るように心がけましょう。

・加齢によるバリア機能の低下

女性の場合、30代から肌の機能そのものが衰えていき、セラミドなどの角質細胞脂質も減少していきます。
年齢とともに成長ホルモンが減少してしまうと代謝も落ちていき、細胞の生まれ変わりが遅くなり、ターンオーバーのサイクルが乱れていきます。
このように肌のバリア機能が低下する事で乾燥肌へとなっていきます。

・乾燥肌は内側から改善

紫外線や気候、加齢に負けない肌を作るためには保湿が大切になります。
それだけ保湿をしても肌の機能そのものが弱っていてはその場しのぎの効果しか得る事が出来ません。
乾燥肌を改善するためには、細胞レベルにまでしっかりと栄養を与え、肌質そのものを変えていく事が大切になります。
水分保持能力やバリア機能を高めて、乾燥に負けない肌作りを目指しましょう。

◇外的要因

・室内の乾燥

肌の健康を保つのに最適な湿度は65%と言われていますが冬の湿度は30~50%ほどしかなく、暖房が効いた部屋では湿度が20%になる事もあります。
このような状況に肌がさらされてしまうと、肌の表面がめくれ上がってしまい、すき間から水分がどんどん蒸発してきます。
更に水分が失われてしまうと、肌のバリア機能が正常に働かなくなり、肌の潤いキープに欠かせないコラーゲンやエラスチンの量が減ってしまい、細胞を作る力が弱まっていきます。
乾燥による、カサカサやかゆみが起こってしまうのはこのためです。

・紫外線

紫外線を浴びると、1番外側にある角質層がダメージを受けて肌の潤いを保つコラーゲンを破壊していきます。
コラーゲンは水分を保つ働きを持っているのでコラーゲン不足となった肌はカサカサになってしまいます。
肌はダメージを回復するために古い表皮細胞を垢(アカ)として剥がし、新しい細胞を作り出そうとします。
しかし保湿機能が十分に整わないまま次の細胞を作ってしまうため、水分不足の状態が続くと言う悪循環に陥ってしまいます。

外的要因は、日常生活を改善する事で肌へのダメージを和らげる事が出来ます。

肌水分を蒸発させないための対策♡

◎洗顔料

洗顔の役割は肌の脂汚れをスッキリと落とし、化粧水や美容液による保湿成分の浸透を高める事です。
洗顔料と言っても、固形タイプや液体タイプなど色んなタイプがありますが、実際にはどちらが良いと言う事はありません。
洗顔料を選ぶポイントは、成分と洗浄力です!中でも注意する成分は、合成界面活性剤になります。

合成界面活性剤は、1度肌に浸透するとそのまま残留してしまい、長い間肌に刺激を与えてしまいます。特にリキッドタイプやクリームタイプの洗顔料には必ずと言っていいほど配合されているものが多いです。
そのため、肌に優しい天然成分を使用している洗顔料など、肌に負担となる余分な成分が含まれていないもの、顔の皮脂を取り過ぎないほどの洗浄力の洗顔料がオススメになります。

②化粧水

乾燥肌には、水分を与える事が大切だから化粧水が大事!と思っていませんか?
このように考えている人が多いですが、実は化粧水が肌の水分となりそのまま保持されるわけではありません!肌の潤いには化粧水と思っている人が多いですが、実際には化粧水のほとんどが水だと言う事を知っていますか?
私達の肌の水分を維持している最も重要な保湿成分は、角質細胞間脂質である「セラミド」になります。

肌の表面には、角質層があり角質細胞が何重にも重なっていて、その角質細胞を繋ぎ止める役割を果たしているのが細胞間脂質になります。
セラミドはその細胞間脂質を構成している一部で、スポンジのように水分を溜め込んでいるため、肌の水分をみずみずしく保つためには欠かせない存在となります。
このセラミドは、年齢を重ねるとともに減少していき、肌はどんどん乾燥していきます。
そのため、乾燥肌には保湿成分の補給がとても大切になります♡
しかしセラミドは水を中心とした成分には配合する事が出来ません。そのため、化粧水をたっぷり付けても思ったよりも保湿されないのはそのためです。

<化粧水の選び方>

化粧水では思ったよりも、保湿効果はありませんが、水溶性の保湿成分でも「ヒアルロン酸」「ナノコラーゲン」はセラミドほどではありませんが、肌に潤いを与えてくれます。
水溶性の保湿成分が配合されていて、余分な成分の配合されていないシンプルな化粧水を選ぶようにしましょう。

③美容液

美容液は、保湿・美白・アンチエイジングなど複数の肌悩みに対応した成分が配合されているものを言います。
特に顔の乾燥やかゆみには保湿成分を補う事が絶対条件なため、美容液選びは重要になります。

<美容液の選び方>

顔の乾燥やかゆみは潤い不足のため、セラミドが配合された美容液を選ぶ事が絶対条件になります。セラミドが不足してしまうと肌の水分量は約8割失われます。
その肌の水分を保持するためにも、セラミドは重要な保湿成分です。肌に十セラミドがあれば冬の乾燥時でも肌は乾燥しません。肌の乾燥対策をするためには、「肌に潤いを補給し、守り再生する」と言うサイクルが大切になります。
保湿成分を与えるだけではなく、肌が本来持っている機能を高める事が重要になります。

保湿をして美肌になりましょう!

いかがでしたでしょうか?
あなたの肌荒れは、肌水分が蒸発して乾燥している事が原因かもしれません。
肌が乾燥しないためにも生活習慣やスキンケアなどを見直して見ましょう♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よければフォローお願いします