これまでの「お肌のゴールデンタイム」は嘘?美肌のための睡眠方法を徹底解析 | LaM beauty

これまでの「お肌のゴールデンタイム」は嘘?美肌のための睡眠方法を徹底解析

肌のゴールデンタイムっていつ?

肌のダメージを修復してくれる「肌のゴールデンタイム」という言葉をよく耳にしますよね。これは、肌再生を促す成長ホルモンが出て肌を修復してくれる時間のことを指します。成長ホルモンは子どもの成長を促すホルモンとして有名ですが、私たち大人の肌のハリや弾力を保つ肌内部の水分量を維持する働きもあり、また肌の新陳代謝を促進して古い皮膚を再生してくれるため、美肌を維持するためには大事にすべきホルモンなんです。

今回は、この成長ホルモンと美肌の関係、また何時に寝るのが肌にとってよいのか、ゴールデンタイムは本当に存在するのか?という疑問について徹底解析したいと思います。

お肌のゴールデンタイムは存在するの?

これまで、成長ホルモンが分泌され肌の新陳代謝がもっとも活発に行われる時間帯は深夜22時~2時とされており、この4時間の間にしっかりと睡眠を取ることで、より肌が再生され綺麗になるということが信じられていました。
ニキビや肌荒れに悩む方は特にこの時間に睡眠を取ろうとする方も多くいらっしゃいました。しかし仕事が忙しかったり、残業が多い現代では22時にベッドに入るというのはなかなか難しいことですよね……。

しかし実は、近年になって肌のゴールデンタイムが22時~午前2時であるという考え方は間違っているという説が有力になってきました。それでは成長ホルモンはいつ分泌されるのかというと、「入眠後から3~4時間」であると言われています。
22~2時に成長ホルモンが分泌されるという説は、少し前まで日本人は22時~23時頃に寝るという生活が一般的であったためであるとされています。しかし現代の日本人はだんだんと寝る時間が遅くなっています。そこで調査を行った結果、実際は入眠から3~4時間の間に脳内で成長ホルモンが分泌されるということが分かったようです。
そのため、肌の新陳代謝を促す為に重要なのは睡眠を取る時間帯ではなく「眠りについてから3~4時間の間でぐっすりと質のよい睡眠を取ること」と考えられるようになりました。

肌のゴールデンタイムをしっかり活用しよう

しかしゴールデンタイムが特定の時間帯ではないといっても、規則正しい生活と早寝早起きをすることは美肌にとって良い事であるのは変わりません。遅くまで夜更かしをしたり、不規則な生活をしていると肌にダメージが加わるだけでなく、ぐっすりと眠る事が出来ず成長ホルモンを分泌することが妨げられる場合があります。できるだけ同じくらいの時間帯に就寝・起床することが美容にとっても健康にとっても理想的ですよ。

逆に質の悪い睡眠を取ってしまうと成長ホルモンの分泌が活発化されず、皮膚細胞の修復や再生、またターンオーバーも行われないため古い皮膚細胞が溜まってしまいます。これらがニキビや乾燥、シミ、しわなどの肌荒れや肌トラブルの原因にもなっているんです。また睡眠不足はホルモンバランスを見だし、男性ホルモンを優位にさせることから皮脂が過剰に分泌され、ニキビを発生させることや肌のバリア機能を衰えさせることが明らかになっています。

ゴールデンタイムにしっかりと質のよい睡眠を!

<入浴時間を調整する>

入眠直後に熟睡するためには、ベッドに入る2~3時間前にお風呂に入って体温を上げることがお勧めです。人間は体温が徐々に下がる時に眠気を感じるため、入浴直後ではなく、少し体温が落ち着いてきたタイミングで眠りにつくとよいでしょう。

<アロマオイルでリラックスする>

リラックス効果があることで知られているラベンダー、ジャスミン、ローズ、クラリセージ、オレンジなど、また安眠効果のあるカモミール、サンダルウッド、ネロリなどのアロマを眠りにつく時に使ってみましょう。気持ちを落ち着かせることによってぐっすりと眠ることができます。

<食事は就寝の3時間前までに>

寝る前はお腹が空くものですが、できるだけ食べない様にしましょう。ものを食べると胃腸が動く事で自律神経が興奮し、睡眠の妨げとなります。

<寝る前にはスマホやテレビを見ない>

寝る1時間前以降はスマートフォンやパソコン、テレビなどをできるだけ見ないように心がけましょう。これらの電子機器からは脳に刺激を与え眠りを妨げる光が発せられています。寝る前には読書をしたり音楽を聞きながらゆったりと過ごし、間接照明などを用いて段階的に部屋を暗くすることで、身体が自然と眠りの準備に入ります。

<自分にあった寝具を使う>

敷き布団や枕、パジャマなどは自分にあったものを選びましょう。なかなか自覚することは難しいですが、素材感や硬さなど自分に合わないものを使うと眠りが浅くなる場合があります。起きた時にすっきりしているか、身体にこっている部分はないかチェックしてみてくださいね。

ゴールデンタイムを活用して美肌へ!

成長ホルモンが分泌されるお肌のゴールデンタイムは22時~2時とされていましたが、入眠時から3~4時間の間に質のよい睡眠を取ることが大切だと言われています。肌荒れの原因を防ぐだけでなく、健康や美容のためには規則正しい生活は不可欠ですので、できるだけ早寝早起きを心がけ、ぐっすりと眠ることを心がけてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よければフォローお願いします