肌の調子を整えるためにも肌荒れの原因を知ろう! | LaM beauty

肌の調子を整えるためにも肌荒れの原因を知ろう!

肌が荒れてしまう原因

朝起きたら何だか肌が荒れている……。こんな経験はありませんか?
あなたの普段何気なく行っている行動が肌荒れを引き起こしている原因かもしれません。
今回は肌荒れの原因と肌の調子を整える正しい生活習慣をご紹介します♡

肌荒れとは?

肌荒れは皮膚のキメが乱れて不快なトラブルが出ている状態の事を言います。
具体的な症状として、「吹き出物」「乾燥」「かゆくなる」などがあります。多くの場合、表皮内の水分量が減少し肌荒れが起きますが、反対に皮脂の過剰分泌も肌荒れの原因となる事もあります。
一般的に年齢を重ねていくと、皮膚表面の潤いを保っている皮脂分泌が低下するため、皮膚が乾燥しやすくなります。
そのため、肌のバリア機能が低下してしまい、外的刺激に対し敏感な状態になるので肌荒れが起きやすくなります。

肌荒れの原因

年齢が若くても、皮膚の表皮・角質の新陳代謝が正常に行われなくなると古い角質層が剥がれ落ちないので、新しい細胞に生まれ変わる事が出来ません。
この状態も肌荒れの原因となり、皮膚のバリア機能が低下し、紫外線や乾燥と言った刺激にも弱くなります。
新陳代謝を乱す原因として、血行不良や腸内環境の悪化により有害物質が発生する事も大きな要因となります。
ほかにも偏った食指活や睡眠、ストレス・ホルモンバランスの乱れからも肌荒れを引き起こします。間違った化粧品の使い方・スキンケア法による肌荒れも少なくありません。
生活習慣で肌荒れが起こってしまう原因について調べて見ました!

生活習慣で肌が荒れる原因とは?

①間違ったスキンケア
肌に良いと思って毎日続けているスキンケアが、肌荒れの原因となっている事もあります。新発売の化粧品や価格、広告だけに惑わされ使い始めたスキンケア法が必ずしも自分に合っているとは限りません。
かゆみや赤み、ヒリヒリしたりする場合は使用を一旦止めましょう。しかし、一時的な反応や使っていくうちに馴染んでいく事もあるので、3日以上続けて以上がない場合は継続して見ましょう。
肌のターンオーバーは約28日周期なので、肌に異常が見られなければ継続して使う事がオススメです♡
②肌が乾燥している
日常的に肌が乾燥していると肌が荒れやすくなってしまいます。
肌が乾燥してしまうと、肌を守るバリア機能が衰え、通常並んで整っている角質細胞が反り返り、水分が蒸発しやすくなります。
更に肌に有害な細菌やカビ、アレルゲンなどが侵入し、かゆみや炎症を引き起こしてしまいます。
肌の乾燥は、シワ・たるみ・くすみなどの肌トラブルを引き起こします。
③紫外線を避けない
紫外線を日常的に受けている事は、肌にとって最も悪影響です。
人間の身体は、もともと紫外線による障害を修復する機能がありますが、紫外線を浴びる事を何度も繰り返すうちに慢性的な反応が起きてしまいます。
この慢性的な反応と言うのは、日光に浴びた後から数ヵ月後に現れ、皮膚のシワやシミなどの障害が出てきます。
急性のものは数時間後の日焼け・肌荒れ・赤みなのでこのような症状が起こった場合は注意する必要があります。
限りなく紫外線を浴びない事が大切になります。
④生理周期
女性の肌のコンディションは生理周期によっても変化していきます。
特に生理開始の数日前から肌のバリア機能は低下します。生理の周期は、「月経期」「卵胞期」「黄体期」に分けられ、このうち月経期は肌が乾燥しやすくなる時期になります。
この月経期は、保湿や血行を良くするように心がけましょう。また、黄体期は肌が荒れやすい時期になるので、この時期の過度なスキンケアや脂っこい食事などは避け、ビタミンやミネラルを多く含む食事を心がけるようにしましょう。
⑤ストレス
身体がストレスを感じた時に反応するのが、自律神経になります。
ストレスが加わり自律神経が弱ってしまうと血の巡りが悪くなってしまいます。その結果、血流が悪くなる事で肌に十分な栄養が行き届かなくなり肌荒れへと繋がっていきます。日頃ストレスを溜め込まない工夫が必要になります。
⑥睡眠不足
睡眠不足が美容に悪いと言うのは良く聞く話しです。
身体が休んでいる状態で深い睡眠状態のノンレム睡眠」の時に多く分泌され、この時に肌の修復や新陳代謝が活発になっているので寝ている間に修復されて肌が綺麗になります。肌荒れを繰り返している人は、この睡眠をしっかりと取るだけでも改善出来ると言われています。
⑦便秘
便が腸に留まってしまうと、善玉菌が減少します。
食事のバランスが悪い・ダイエットできちんと食事をしていないと善玉菌よりも、ガスを発生させる悪玉菌が増えている状態になります。
そして、ガスや不要物がそのまま吸収されて血液や体内の水分に混ざってしまいます。これにより、身体本来の働きが滞り、新陳代謝が正常に行う事が出来ずに肌荒れを引き起こしてしまいます。そして肌荒れだけではなく、疲れや食欲不振・むくみと言った症状も出てきます。

肌荒れを改善し肌の調子を整える方法♡

◎食生活を見直す

毎日スキンケアをしっかりとして、肌に必要な成分を補う事は大切ですがそれだけでは肌荒れを改善するために十分ではありません。
私たちの身体は、食べた物から作られているため食事はとても大切です。以下の物をバランス良く摂りましょう!

・たんぱく質
たんぱく質は肌を作り、代謝を高めてターンオーバーの働きを整えてくれます。
たんぱく質は、肉・魚・卵などに含まれていて肌の主成分となります。体重1kgに対して必要な量は1gとされています。体重が50kgの人は50gが目安となります。
イワシ・マグロ・鶏ささみ・大豆製品などに多く含まれています
・ビタミン・ミネラル
ビタミンには栄養素の吸収を助ける働きあり、抗酸化作用・美白作用・血行促進・コラーゲン生成などの多くの働きを持っています。
水溶性のビタミンは摂り過ぎても尿として排出されてしまうので一度に多く取らず、少しずつ摂取するのが良いです。
肌荒れに関わっているのはビタミンB2と言われていますが、ビタミンやミネラルは体内で作る事が出来ないため、食事から摂取する必要があります。
果物や緑黄色野菜、ナッツ類、大豆製品などに含まれています
・食物繊維
便秘で肌荒れをしないためにも食物繊維を積極的に摂りましょう。
食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。しかし、不溶性食物繊維を含む食品ばかり食べてしまうと便が硬くなる事があります。食物繊維だと思って食べているほとんどが不溶性と言う事があります。
だからと言い水溶性の物ばかり食べてしまうと下痢になってしまう事もあるので、水溶性と不溶性を2対1程度の割合で摂取するのが理想になります。
不溶性食物繊維を摂取する時は、水分を欠かさずに飲む事が便秘にならない工夫になります。

-水溶性食物繊維-

野菜、納豆、いも、わかめ、りんごなど

-不溶性食物繊維-

きのこ類、豆類、ごぼう、かぼちゃなど

◎運動を行う

運動は健康のためやダイエットのために行う人が居ますが、実は肌にも関係していきます。運動を行うと下記のような効果が得られます♡

*血行が良くなり肌の代謝がUPする
*成長ホルモンの分泌がUPする
*自律神経が安定して良質な睡眠が取れる
*セロトニン(別名幸せホルモン)が分泌される
*基礎代謝が上がり痩せやすくなる

運動は、肌荒れの原因全てを解決出来るような効果を期待する事が出来ます♪運動と言ってもウォーキングやスクワットなどで構いません。ただ歩くだけでも大丈夫です!
普段運動をしていない人はすぐに効果が出るそうです。歩く時は、だらだらと歩くのではなく全身を使い歩きましょう。
肌荒れ改善だけでなく健康にも繋がってくるので積極的に運動を出来るよう心がけましょう♡

いかがでしたでしょうか?
まずは自分の肌荒れの原因を見つけだし、肌の調子が整うように食事のバランスや適度な運動を行い美肌へと近づいていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よければフォローお願いします