肌荒れの原因はアレルギーだった!?詳しく調査! | LaM beauty

肌荒れの原因はアレルギーだった!?詳しく調査!

アレルギー反応が肌荒れの原因?


顔がかゆくてたまらない!そんな経験はありませんか?
その原因は、乾燥・花粉などが挙げられます。またストレスによっても肌荒れや顔がかゆくなってしまう事もあります。特に花粉症は、目や鼻の粘膜についた花粉を身体が外に押し出そうとして起こるアレルギー反応になります。これって実は、肌の上でも起っているのです!花粉が肌につくと、その部分にアレルギー反応が起ってしまい、乾燥・かゆみ・赤みとなり肌荒れが起きます。

あなたの肌荒れはもしかするとアレルギーが原因かも?今回は、肌荒れの原因にも繋がるアレルギーについて調べて見ました!

花粉症によるアレルギー反応が乾燥肌に繋がる?

目や鼻が痒くてつい目をこすってしまい、鼻を終始かんでしまいます。
この肌への摩擦による刺激で、肌が弱くなっていきます。また花粉が付いている状態が嫌で、いつもよりしつこく洗顔するなど自分で肌にダメージを与えている事もあります。

このような様々な原因により、肌のバリア機能が低下していきます。肌のバリア機能が低下すると、肌の水分を保持する事が出来なくなってしまい、肌が乾燥した状態になります。
この事を花粉症乾燥肌と呼びます。肌が乾燥肌状態になってしまうと、肌の力が弱いためアレルギー反応が更に強く出るようになります。

この症状により単なる肌荒れだけではなく、カサついて粉をふいたり大人ニキビが発生するなど、ひどい肌トラブルに見舞われてしまいます!

◎花粉症による肌トラブルを防ぐには?

・帰宅後はすぐにメイクを落とす
肌に花粉がついたままの状態だとダメージが増加します。そのため帰宅後は、すぐにメイクを落とすように心がけましょう。
刺激の強いオイルクレンジングではなく、肌に優しいミルクタイプがオススメです♡
・洗顔は優しく行う
石鹸はしっかりと泡立て、お湯の温度は30度くらいのぬるま湯にしましょう。
顔を刺激しないように、力を入れずに泡を動かすようなイメージで行いましょう。洗顔時間は1分以内で終わり、荒い流しがないようしっかりとすすぎましょう。
保湿成分を含んでいる洗顔石鹸を使うのもオススメです♡
・ピーリングやスクラブは避ける
肌の防御機能を失いやすいピーリングやスクラブは出来るだけ避けましょう!
いつも使っている洗顔石鹸の中にピーリング成分が含まれている事もあるので、確認しましょう。
・油分の少ないファンデーションの使用NG
肌に油分が多いと花粉が付きやすくなります。今使っているファンデーションがオイルフリーかどうか確認しましょう。
余分な成分が含まれていないミネラルファンデーションがオススメです!
・髪の毛に付着した花粉にも要注意
髪の毛は、外に出ている状態になるため花粉が残りやすい場所になります。メイクを落としたついでに身体全体から花粉を落せるようにシャワーも浴びましょう。
髪の乾燥やパサつきは静電気で花粉を集めてしまうので、トリートメントは必須になります!

とにかく保湿をしっかりとする事が大切!


この季節に起ってしまう肌荒れの1つである乾燥肌を乗り切るためには、保湿が大切になります♡
乾燥肌を放置してしまうと、大人ニキビなどの様々な肌トラブルへと繋がってしまいます。乾燥肌は、すでに肌のバリア機能が弱まっているので肌から水分が蒸発する一方になります。
1つだけ注意したのは、外出する時に蒸発する水分を守ろうと、クリームや乳液などの油分の多い化粧品を使う事です。これでは花粉を身体にまとわせてしまうだけなのでこの季節には避けましょう。

クリームや乳液を使うのは、花粉をしっかりと落とした入浴の後にしましょう!夜用クリームなどで肌の表面を守り、翌朝までに肌を少しでも回復させるようにします。
ただし!いくつもの化粧品を使ってしまうと、手やコットンの刺激で肌が傷み、弱まってしまうのであまり過剰なスキンケアはオススメ出来ません。

◎乾燥対策が出来るファンデーションを選ぼう!

ファンデーションも乾燥から肌を守りつつ、同時に花粉が付きにくいタイプが良いでしょう。余分な成分を含まないミネラルファンデーションがオススメです♡

ただ、肌が荒れている場合は、化粧ノリが悪くてイライラする事がありますよね。その場合は、保湿成分が含まれている美容ファンデーションが良いでしょう。ベースはミネラルファンデーションなので、刺激が少なく、保湿成分のおかげで付けている間も肌を守ってくれる効果があります。
花粉症によるアレルギー反応が原因で乾燥肌を引き起こしてしまうので、この季節は肌を乾燥させないように心がけましょう!

アレルギーの原因を突き止めよう

◎生活習慣を振り返ろう!

保湿以外で大切なのは、生活習慣です。ほとんどの場合、化粧品が急に合わなくなった原因がありますが振り返ると「友達のクレンジングを使った」「紫外線を長く浴びてしまった」「青魚を食べた」など、アレルギー発症をしやすい生活をしている人も多くいます。

特に、動物性たんぱく質を多く摂取しているとアミノ酸に分解する時にヒスタミンなどの体内物質が遊離しやすくなりアレルギー症状が出やすくなってしまいます。体調が優れない時に、卵・アジ・サバなどの青魚や甲殻類を摂るなど、更にお酒を飲むとそれが原因になっている事も考えられます。そう言う状態になる時の生活習慣や時期、食べ物も自分で把握出来るようにしましょう。

◎アレルギーと腸内環境には深い繋がりがある?

アレルギーは、肌にだけ症状が出るように思いますが、実は肌に出ている頃にはすでに内臓で症状が出ている事が多く、お腹の調子が悪いなどの症状が出る事もあります。

腸内環境には、精神的なものも大きく影響し、特に神経質な人は、自律神経の交感神経が高くなりすぎる傾向にありますが、交感神経が高いと人前に立って緊張した時のような状態になり、鼓動が早くなり、胃や腸は動きが鈍くなり、ホルモン分泌も悪くなります。

腸は、身体に必要な栄養かそうでないかを識別する大切な免疫組織です。その腸の状態が悪いと、善玉菌が死んでしまい有害な物質を体内に入れてしまいます。有害な物質が血液中に入り体内を巡り、アレルギーを起こしやすくなります。

更に、血流が悪くなる事で、体内に栄養が届きにくくなり、体内の各組織の能力が低下してしまうので、腸内環境を良くして免疫バランスを整える事が必要になります。
腸内環境を整えるために、ヨーグルトで善玉菌を増やすと言うのも1つの方法です。また、普段の生活においてストレスをなくし、バランスの良い食事を摂り腸をキレイに保つ事も肌にとっては良い事です。

◎肌のバリア機能を高めよう

細かな事をきちんと行っていてもアレルギーは発症してしまいます。肌荒れしないためにも、「肌のバリア機能」を守る努力をしましょう!
肌のバリア機能を守るためには、「睡眠」「食事」「保湿」が何よりも大切になります♡普段の生活を見直す事で、美肌を手に入れましょう。

アレルギーによる肌荒れを未然に防ごう!

肌の不調を感じた時点で、何かのアレルギーが起っているかもしれません。また、吹き出物やデコルテのニキビなども乾燥の合図かもしれません。
アレルギーが原因の肌荒れは、放置していても治ると言う事はありません。しっかりと対策をして健やかな肌を取り戻しましょう。
自分の肌と向き合い、普段の自分の生活を見直してみてください♡