肌荒れの原因って?肌荒れしないために試してほしい見直すべき習慣♡ | LaM beauty

肌荒れの原因って?肌荒れしないために試してほしい見直すべき習慣♡

肌荒れの原因を理解しよう!

朝起きたら「ニキビが出来ている」「乾燥している」など肌が荒れてしまう原因には、どんな原因があるのでしょうか?
肌が荒れた時に、最近の生活習慣を振り返って見ると、そう言えば!と思い当たる事はありませんか?あなたのふとした生活習慣やスキンケアの勘違いにより肌荒れが起こっているのかもしれません。
ここでは肌荒れの原因と、見直すべき習慣についてまとめてみました!

肌荒れが起きてしまう原因って?

肌の赤みやくすみ・吹き出物・ニキビが出来る・毛穴が開くなどと言った肌のトラブルや不快な症状など全般の事を「肌荒れ」と言います。皮膚は、新陳代謝を繰り返し、古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わりますが、新陳代謝が正常に行わないと古い角質が皮膚の表面上に残ってしまい、不完全な角質層を形成する事となってしまいます。
その結果、肌の保湿力が弱まり、皮膚のバリア機能も低下してしまいます。バリア機能が低下してしまうと紫外線や乾燥と言った外部からの刺激からも肌を守る事が出来ず、肌荒れが起きてしまいます。
肌荒れをしてしまう原因の中にも「内的要因」と「外的要因」に2つに分かれます。

◎内的要因

 内的要因とは、夜更かしや睡眠不足・無理なダイエットによる栄養不足・生活リズムが崩れている・新陳代謝の低下などが挙げられます。
他にも、ストレス・生理前後などホルモンバランスの乱れなどもあります。特に女性は、月経から排卵までの「卵胞期」と呼ばれる低温期には、肌は乾燥しやすく毛穴に角質が詰まりやすくなります。しかし、排卵を境にして「黄体期」と呼ばれる高温期に入れば、美肌に欠かせない女性ホルモン・エストロゲン(卵胞ホルモン)が減ってしまいます。
代わりに増えるのが皮脂の分泌を増やすプロゲステロン(黄体ホルモン)になります。乾燥で角質が詰まりやすくなった毛穴に皮脂が大量投入されるので、アクネ菌のエサになってしまいます。生理前に肌のコンディションが乱れてしまう現象にはそのような理由があります。
また、精神的ストレスが溜まっていると、肌だけではなく身体の様々なところに不調をきたします。特に肌の場合は、目に見えて状態が悪くなってしまうのでとても分かりやすいです。

◎外的要因

 外的要因として、夏の紫外線・外気に含まれている花粉や排気ガス・スキンケア時の摩擦などが肌に刺激を与える大敵になります。
季節の変わり目に肌の不調を感じた事はありませんか?大きな原因は「自律神経の乱れ」にあります。例えば秋口になれば、昼間は真夏のように日差しが照りつけて汗をかきます。しかし、夕方から夜にかけては冷え込み、カーディガンがないと寒いぐらいになります。このように気温の変化が激しい季節は、肌も大きなストレスを受けています。
人は暑さを感じると熱を放出するために血管を広げ、冷えると収縮させます。その温度差が昼夜で、あまりに大きすぎると自律神経がうまく調節出来ずに、血行が滞ってしまい、肌荒れが起きてしまいます。

吹き出物の原因って?

肌荒れの中でも1番大変なのが吹き出物です。それは毛穴に詰まった古い角質や皮脂汚れなどがアクネ菌の温床になっている状態のためです。
なぜ角質や皮脂を上手くコントロールする事が出来ないのでしょうか?
偏食による「ビタミン不足」「ストレス」「睡眠不足」により肌のバリア機能が低下すると、皮脂が過剰に分泌されアクネ菌は増殖しやすくなってしまいます。
特に気を付けたいのは慢性的な便秘です。便が腸で溜まってしまうと腐敗してしまい、ガスなどの有害物質が免疫低下を引き起こしてしまい、新陳代謝の悪化や血行不良から肌荒れが起こってしまいます。
便秘はニキビ以外にも、頭痛や肩こり・肥満・イライラなど身体に様々な悪影響を与えてしまうので、ニキビに悩んでいる人はまず便秘解消を心がけましょう!
また、肌のターンオーバーの乱れもニキビの大きな原因となってしまいます。
健康な20代の場合、肌の奥で作られた新しい肌細胞は、およそ28日間かけ新しい肌細胞へと入れ替わり排出されます。しかし、年齢を重ねていくと肌のターンオーバーがどんどん遅くなっていきます。新陳代謝が悪くなってしまと、古くなった角質が肌の表面に居座り、毛穴が詰まってしまい大人ニキビの原因となってしまいます。肌のくすみもこのターンオーバーの乱れが原因となります。

 肌荒れしないためにも見直すべき日常の習慣♡

 ◎保湿対策を万全に行う

肌の「乾燥」はあらゆる肌荒れの原因となります。キメが整っていて潤いで満たされている肌にはツヤとハリがあります。
しかし乾燥してしまうと、皮膚表面の角質層に隙間が出来てしまい、内側の水分が逃げてしまいます。そして、肌の外側からは紫外線や花粉・細菌などが侵入してき、ピリピリする赤みやかゆみに始まり、様々な皮膚トラブルが起きてしまいます。これにより、シワも出来やすくなります。これが「バリア機能」が壊れた状態になります。
クレンジングや洗顔を行う時に、ゴシゴシ強く擦っていませんか?
洗顔を泡で優しく丁寧に洗うように心がけるだけでも、表面の皮脂膜や角質層のバリア機能が改善する場合があります。夜にしっかりとメイクを落とせているのなら、朝はぬるま湯洗顔だけでも十分です♡
また仕事中はデスクで加湿器をたくなどして保湿を心がけましょう!自分の周りだけでも湿度は60%を保てるよう出来るとベストです♡
スキンケアは、徹底して低刺激を選ぶようにしましょう。鉱物油・殺菌成分・合成香料・石油系界面活性剤などは、弱った肌に負担をかけてしまいます。
かわりに、セラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷりと含まれている化粧水やゲルを使用し、仕上げに美容液やクリームなどでフタをするようにしましょう。また、日中は数時間ごとに肌が乾燥しないように、化粧水ミストで保湿する事をオススメします♡

◎睡眠時間をしっかりと取る

肌に良いとされているホルモンは、入眠後の3~4時間後に分泌されます。睡眠時間も大切ですが、この時間に良質な睡眠を取れている事が大切になります。
十分な睡眠時間を確保出来ないとターンオーバーのサイクルが乱れる原因となります。熟睡する事で、翌朝の肌ツヤが変わります。

◎腸内環境を整える

腸内環境を整える事は、便秘を解消する事に繋がります。毎日の食事をちょっと工夫するだけでも、腸を綺麗に保つ事が出来ます。
「乳酸菌」は大きな便秘解消効果が期待出来ます。納豆キムチヨーグルトなどの発酵食品には乳酸菌が多く含まれているので、腸内環境が整います。
他にも海藻類きのこ類などの水溶性食物繊維が多く含まれている食べ物は、腸内に存在するビフィズス菌などの善玉菌が元気になり、便がスムーズに排出されるのを助けてくれます♡

◎過度なスキンケアには注意!

毎日「クレンジング→洗顔→化粧水→乳液→美容液→クリーム」と言う流れでスキンケアを行っていると気になるのが「触り過ぎ」です。
触り過ぎは肌に刺激を与えてしまいます。保湿成分がたっぷりと含まれているオールインワンゲルで洗顔後のお手入れを1本に絞って見るのがオススメです♡
水分と油分がバランス良く配合されているゲルは、肌の細胞同士を繋ぎ合わせる「細胞間脂質」と同じ形状のため、肌に負担をかけず浸透し、保湿やすいのが特徴になります。肌が摩擦や刺激に弱い人は、敏感肌用のオールインワンゲルがオススメです。

▽ヴィタクト(ViTAKT)

ヴィタクト化粧水・乳液・美容液・クリームの4ステップを1つにすることで肌摩擦による肌ストレスを最小限に抑えることにも成功。さらに、ViTAKT(ヴィタクト)はこだわって作られているため、お肌に優しい無添加なので敏感肌の人も安心してお使いいただくことができます。

ヴィタクトオールインワンゲル♡

肌荒れの原因を見直して美肌に良い習慣付を!

あなたの肌荒れの原因は見つけられましたでしょうか?肌荒れしないために試してほしい習慣を是非心がけて見て下さい♡
肌荒れをなくし、美肌を目指しましょう!
スポンサーリンク

よければフォローお願いします