肌荒れの原因は、あれが悪影響だった!? | LaM beauty

肌荒れの原因は、あれが悪影響だった!?

肌荒れの原因となる、悪影響な”あれ”って?

誰もが一度は悩んだ事のある肌荒れですが、一体なにが原因で肌荒れをするのでしょうか?
今回は、肌に悪影響を与える肌荒れの原因について紹介したいと思います♡

皮膚について♡

始めに皮膚についてですが、肌は上から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3層構造で出来ています。 その下に脂肪組織と筋肉が存在しています。 肌のターンオーバーとは皮膚細胞の生まれ変わり(細胞の新陳代謝)の事を言います。

皮膚細胞が日々、誕生して代謝活動を行いながら押し上げられ、やがて平らな角質として完成(角化)し、身体を守るバリアとして働き、やがて垢となり剥がれ落ちていきます。この周期が乱れると、肌は様々な悩みを引き起こします。表皮の生まれ変わりは約28日が理想とされていて、その速度が速すぎても遅すぎても良くありません。

また、一度その周期が乱れてしまうと、戻るまでに最低一ヶ月、最長だと数ヶ月もかかってしまいます。 このような肌の生まれ変わりの下、肌はいつでも健康で美しい状態を保つ事が出来ます♡

肌に悪影響を与える要因とは?

肌に悪影響を与える原因は、身体の中からの内的要因と、外からの刺激による外的要因があります。本来は、外からの刺激に対し防御を行い、排出する機能を備えていますが、内的要因や外的要因が加わる事で、防御力が低下し、刺激を受けやすくなります。肌に悪影響を与える要因は以下のような事があります。

◆ストレス

ストレスは想像以上に様々な、肌荒れの原因を引き起こします。ストレスが溜まってしまうと、肌にニキビが出来る・ハリがなくなる・くすむ・シワやシミが出来るなどの肌トラブルがたくさん発生してしまう事が分かっています。ストレスが溜まるとどのような肌トラブルが引き起こるのでしょうか?

《活性酸素が発生し、肌が老化する》

ストレスを受けると身体の中で活性酸素が大量に発生してしまいます。活性酸素は、強い酸化力を持った物質で、細胞を酸化させ老化を促進させたり、肌細胞自体が傷つけられてしまったりと様々な肌トラブルの原因を引き起こしてしまいます。紫外線などの外的ストレスも活性酸素を発生しますが、人間関係などの内的ストレスでも血管が収縮し、血流障害が起こるので、大量の活性酸素を発生させます。

他にも、激しい運動・たばこ・大量の飲酒なども活性酸素を発生させる要因となります。肌が老化してしまうと、ターンオーバーが乱れてしまい、肌のバリア機能が低下する事で、シワ・たるみ・しみなどの原因を作り出します。しかし日常生活の中で、活性酸素はどうしても発生してしまいます。そこで抗酸化成分の代表である、「ビタミン」「ポリフェノール」が多く含まれている野菜や果物を積極的に摂取する事が大切です♡

◆ホルモンバランスが乱れる

ストレスを受けると、ストレスに対抗する「ストレスホルモン」が分泌されます。ストレスホルモンは、強い影響力を持っています。大量に分泌されてしまうと、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。その結果、男性ホルモンが増え、皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まり、ニキビが発生しやすくなります。また、生理前は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増えます。そのため、皮脂が過剰に分泌されるので毛穴が詰まりやすくなります。

◆乾燥

肌が乾燥すると角質層の水分量が減少するため、肌トラブルが起こりやすくなります。特に気温の変化は、肌にストレスを与えます。季節の変わり目など気温が激しい時期は特に注意が必要です。また、冷房や暖房の使用による屋内外の気温差も肌にはストレスになり、冷暖房を使用すると空気も乾燥するため、使用する時は、湿度にも気を配るようにしましょう。湿度が50%以下になる冬は、乾燥によって肌の保湿に必要なバリア機能(角質層)が低下するので気を付けましょう!

◆栄養

不規則で偏った食事は、体調不良や免疫低下を招く以外にも、肌状態を悪化させてしまいます。糖質(炭水化物)や脂質・刺激物・加工品などの食べ過ぎには注意し、ビタミンや食物繊維が不足しないように気を付けましょう。特にビタミンB群はターンオーバーに欠かせません。不規則な食生活や過度なダイエットは、肌荒れの原因になります。

◆たばこ

たばこが健康に悪影響を与える事は広く知られていますが、肌にも悪影響を及ぼします。毎日丁寧にスキンケアを行っていても、たばこを吸っていては台無しになってしまいます。たばこが肌に与える悪影響は数多くありますが、代表的なものは以下の3つです。

①血行不良
たばこを吸うと、ニコチンの影響により全身の血管が収縮し、血流が滞ります。血行が悪くなれば当然顔色も悪くなるので、肌の透明感やツヤが失われるだけではなく、くすんで見えてしまう原因になります。
②肌の弾力が低下
肌の弾力やツヤをキープするためには、コラーゲンの生成が欠かせませんが、コラーゲンの生成にはビタミンCが不可欠になります。しかし、たばこを吸ってしまうと大量のビタミンCが消費されてしまいます。ビタミンCが不足してしまうと、コラーゲンが上手く生成出来なくなり、肌の真皮層が落ち窪み、深いシワや毛穴の開きの原因となります。
③肌荒れ
たばこを吸う事により血行が悪くなると、肌の代謝(ターンオーバー)も阻害されます。それにより、肌は乾燥しやすくなり、ゴワゴワとした角質肥厚を引き起こす原因になります。乾燥により、皮脂の分泌量が乱れたり、毛穴の汚れが溜まったりする事により、ニキビや肌荒れと言ったトラブルを招きやすくなります。

◆肌のバリア機能・免疫機能が低下

ストレスを受けると皮膚の温度が下がると言う事が分かっています。これはストレスの影響で自律神経が乱れ、血行不良になるためです。血行の悪い肌は、働きそのものが低下してしまいます。タイトジャンクション」と言う健康な角質を生み出す物質の働きが乱れ、良質な各層が作られなくなり、外部刺激から肌を守る機能が弱まってしまいます。バリア機能が、弱まると外部刺激に対して敏感に反応し、水分が蒸発して乾燥肌になるなど、肌に様々なトラブルが発生します。

肌荒れしないために気を付ける事♡

◇ストレスを溜め込まない!!

ストレスが積み重なると、心身がアンバランスになってしまい肌荒れとなり出てきてしまいます。まず自分が何にストレスを感じているのかを把握しましょう。そして解決策を見つけていきましょう。またはストレス発散させる方法を見つけて溜め込まないように心がけましょう。

◇適度な運動をする!!

肌は28日周期で新しい肌へと生まれ変わりますが、運動不足だと新陳代謝が滞るので、ターンオーバーがうまく機能しません。運動をおこない代謝が良くなると、いらなくなった角質が取り除かれ、老廃物やメラニンなども排出されるため、肌荒れ解消に繋がります。エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使うなど、日常生活で簡単に取り入れられる運動から始めてみるのがオススメです♡

◇睡眠習慣を見直す!!

良質な睡眠は、7~8時間確保するのが大切になります。
睡眠中は、アンチエイジング作用のあるホルモン・肌細胞の新陳代謝を促進させる成長ホルモン・細胞の老化を防ぐ働きのあるメラトニンなどが分泌されています。特に夜22~4時の間のコアタイムに、出来るだけ多くの睡眠を取れるように習慣付けるようにしましょう♪

悪影響を与える前に出来ることをしよう!

いかがでしたでしょうか?
肌荒れの原因はストレスを始めとして、悪影響をもたらすことがたくさん存在します。しかし、生活習慣や食生活、運動などを見直す事で肌トラブルを起こさない身体作りをする事が出来るんです。
上記の事を心がけながら、肌荒れしないように気を付けていきましょう♡