【肌荒れの原因】実はカフェインに大きな関係が……? | LaM beauty

【肌荒れの原因】実はカフェインに大きな関係が……?

カフェインは肌荒れの原因になる!?

毎日規則正しい生活をしているのに肌荒れをする……。もしかすると、その原因はカフェインかも?
カフェインが多く含まれている飲み物や食べ物を摂取すると、肌荒れやニキビが悪化してしまうと言う人がいます。カフェインは身体に様々な影響を及ぼすため、肌に対しても何らかの影響がある可能性があります。
今回はカフェインと肌荒れとの繋がりについて紹介したいと思います♡

カフェインとは?

カフェインとは、アルカロイドの1種で、「コーヒー」「紅茶」「緑茶」「カカオ」などに多く含まれている成分になります。他にも、「コーラ」「栄養ドリンク」などにも含まれています。
コーヒーを夜寝る前に飲むと寝られなくなると言われるのは、カフェインが脳に興奮させる作用を与えているためです。またお茶が二日酔いに効果があるとも言われていますが、これもお茶に含まれているカフェインが作用しているためです。しかし、カフェインを過剰摂取してしまうと、身体に負担をかけることになり、肌荒れの原因にもなってしまいます。そのため、カフェインは上手に摂取しなければ肌の天敵となります。

カフェインと肌荒れの繋がり

◆カフェインは睡眠の質を悪化させる

カフェインには眠気をとる作用がありますが、夜になってもコーヒーなどを摂取していると寝付きが悪くなり熟睡出来なくなるので、睡眠の質が悪化してしまいます。肌は睡眠中に活発に作られるので、睡眠の質が悪くなると肌のターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れると肌荒れしやすくなります。
カフェインの作用は、5~7時間ほど続くとされています。カフェインを朝だけ摂取すれば夜には、ほとんど影響が少ないですが、肌荒れやニキビが悪化している時は、睡眠が大切なので出来るだけカフェインを摂取するのは控えましょう。

◆カフェインはビタミンやミネラルを排出する

カフェインには利尿作用があるので、コーヒーや紅茶、コーラなどを摂取するとトイレが近くなります。そのトイレの回数が増えることで水溶性のビタミンである「ビタミンC」が排出されやすくなってしまいます。ビタミンCは、美肌を保つ他にも、粘膜の健康維持や抗酸化作用の働きもあります♡また、ビタミンC以外にも「ミネラル」の排出も多くなるので、カフェインの摂取は、肌の健康を保つために必要な栄養素が不足しやすくなります。
ただし、コーヒーは1日1~2杯程度の適度なカフェイン摂取であれば、健康に悪影響を及ぼすほどの利尿作用はないとされています。しかし、普段カフェインを摂取していない人が急にカフェインを過剰摂取してしまうと、身体のバランスを乱してしまうこともあります。

◆カフェインは交感神経を高める

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類がありますが、カフェインには交感神経の働きを優位にさせる作用があります。交感神経は仕事など身体が活動的になる時に優位に働きます。副交感神経は、リラックスしている時など身体が休息に向かう時に働きます♡
この2種類の自律神経がバランス良く働く事で、人間の基本的な生理機能が保たれます。しかし、カフェインを時間気にせず過剰摂取していると、交感神経が優位に働き1日の自律神経のバランスが乱れてしまいます。自律神経が乱れてしまと、消化器系の機能や睡眠の質にまで影響を及ぼしてしまうので、肌荒れが進行してしまう可能性があります。

◆胃腸が不調になり肌荒れする

お腹が空いている状態でコーヒーなどのカフェインを摂取してしまうと、胃酸分泌が促進されてしまい、胃腸の調子を崩すケースがあります。胃腸の不調は、肌の健康に大きく関係するので、その結果、肌荒れしてしまう可能性があります。

◆鉄不足で肌荒れを引き起こす

コーヒーにも、緑茶などと同じくタンニンと言う成分が含まれていますが、タンニンは鉄の吸収を阻害してしまいます。鉄不足になってしまうと、肌に十分な栄養が行き渡らなくなるので肌荒れを引き起こしてしまいます。

肌の事を考えるならハーブティーがオススメ♡

肌荒れをしている時は、カフェインをなるべく摂取したくないですよね。そんな時は、ハーブティーがオススメです♪ハーブティーはノンカフェインのものが多く、肌に良い効果をもたらせてくれるお茶もあります♡
美肌効果の高いハーブティーは、「ローズヒップ」「ハトムギ」「ジャーマンカモミール」などがあります。また、就寝前にハーブティーを飲むとリラックス効果により、寝付きが良くなります。そのため肌にとって1番大切な上質な睡眠を確保することが出来ます♡コーヒーなどのカフェインが気になると言う人は、ハーブティーに代えてみるのをオススメします♡♡

肌荒れを改善してくれる食べ物♡

◆ローズヒップ
ローズヒップは「ビタミンCの爆弾」と言われるほど、美肌効果がとても高いです。ビタミンCの他に、実は「Bカロテン」も豊富に含まれていて、皮膚や粘膜を構成する上皮細胞を作ることに関わる成分なので、肌荒れを治すために必要不可欠になります。ローズヒップは手軽にローズヒップティーとして摂取する事が出来ます♪
◆キウイフルーツ
肌荒れや抗炎症作用のあるビタミンCの含有量が多いのが、キウイフルーツになります。積極的に摂取したい成分ですが、短時間で身体の外に排出されてしまい、身体の中に貯めておけないと言う特性があるので、1日1回まとめて摂るのではなく小まめに摂る事が大切です♡
◆アーモンド
キウイフルーツとともに、おやつのお供にオススメしたいのがアーモンドです♡アーモンドはビタミン類も多く含まれていますが、それ以上に「カルシウム」「鉄分」「マグネシウム」「亜鉛」などのミネラルを豊富に含んでいるので、肌荒れ対策に効果が期待出来ます。特に亜鉛には、新しい肌を作る時に必要不可欠な成分です。亜鉛が豊富に含まれている食べ物で、牡蠣やレバーなどがありますが、毎日食べ続けるのは大変です。アーモンドなら毎日簡単に続けられる事が出来ます。オススメは素焼き(油・塩不使用)アーモンドです!
◆山芋
山芋に含まれているネバネバとしている成分「ムチン」は、肌においてたんぱく質の吸収を助けてくれる働きがあるので、肌荒れをしている時はたんぱく質と一緒に山芋も食べるようにしましょう。ムチンは熱に弱く、加熱すると効果が弱まるので、火を通さずに生で食べましょう。ムチンは「納豆」「オクラ」「なめこ」などにも豊富に含まれています♡
◆はちみつ
はちみつには、ビタミン類・ポリフェノール・酵素など美肌作りに欠かせない成分が約200種類含まれている食品になります♡中でも、肌荒れしている時に効果的なのが、はちみつが持っている「強い殺菌作用」です。傷の治りを早める作用もあるので、肌荒れでダメージを受けている肌の回復にとても役立ちます。Bカロテンが豊富なローズヒップティーにはちみつを垂らせば、肌荒れ対策の出来るドリンクができちゃいます♡

カフェインと肌荒れのまとめ♡

1日のカフェインの摂取量は、成人で300mg/日が理想になります。コーヒーは1日1~2杯程度であれば、利尿作用が身体への悪影響を及ぼすことはないとされています。適量であれば、ダイエットや美肌に良いとされる効果も発揮してくれるそうです。肌荒れしないためにも、過剰摂取しない事が大切です。その日の体調に合わせて、適量を摂取するように心がけましょう♡♡