身近に潜むこわい食中毒!食中毒を防ぐひと手間を忘れないで | LaM beauty

身近に潜むこわい食中毒!食中毒を防ぐひと手間を忘れないで

こわい食中毒、作り置きごはんに注意!

今話題となっている「作り置き」。仕事で忙しくて平日料理する暇がない!という方に話題となり広く実践されていますよね。確かに、土日にたくさん作っておいて平日は冷蔵庫から出して食べるだけというシステムはとても便利ですが、保存方法や使用する食材によって、週末には悪くなっている場合があります。

1年間に起こる食中毒の7割は、6月から10月の気温が高い時期に発生しやすいといわれていますが、冬場でも保存方法を誤るとお腹を壊してしまう事も。しかし食中毒もひと手間をかけるだけで防ぐことができるんです。今回は食中毒予防法をご紹介します。

食中毒の対策法!

・お弁当箱はしっかり除菌

まとめて作り置きしていたおかずをお弁当に詰めて持っていくことがありますよね。しかし朝詰めたお弁当を常温のままお昼まで置いておくと雑菌が繁殖してしまうので、除菌した方が良いですね。

お弁当箱やテーブルを除菌する際、アルコールスプレーを使うことが多いですが、これらが水に濡れている場合あまり効果が発揮されないということはあまり知られていないようです。対象物が水分を含んでいる場合、アルコール濃度が薄まり十分な殺菌作用が得られません。

そこで、キッチンにあるお酢を活用しましょう。お酢には強い殺菌効果があり、お弁当箱の中で雑菌が繁殖することを防いでくれます。お弁当の中でも特に雑菌が繁殖しやすいものはというと、実は水分をたっぷり含んだご飯なんですがこれにもお酢を活用しましょう。お米とお水に小さじ1杯のお酢を混ぜて炊くことで、ご飯に雑菌が増えるのを防ぐことができます。

・レンジで温めて除菌

食中毒を引き起こす細菌などは、中心温度75℃以上で1分以上加熱すると死滅します。そこでおすすめなのが電子レンジです。
電子レンジは、対象物の中心から温めてくれます。布巾も雑菌が湧きやすいもののひとつですが、加熱することできれいに除菌することができます。加熱は細菌にもっとも効果があると言えるでしょう。

・ドライヤーで除菌

5℃以下や65℃以上だと菌はほとんど繁殖しませんが、温度が30~40℃になると逆に菌にとって好条件となってしまいます。しかし夏場になると、お昼に食べる頃にはお弁当がそのくらいの温度になっていることもあります。そんな時はドライヤーの冷風を10秒ほど当てましょう。おいしさもそのままで急激に減らして菌を減らすことができるのでおすすめですよ。
保存するときや持ち運ぶときは特に、温度管理に気をつけましょう。

・手洗いは2度洗いを徹底して!

手洗いは普通1度ですませがちですが、これを2度行うことで除菌効果がぐっと上がります。およそ30秒程洗えば洗い残しを防げると言われていますが、実は時間をかけて洗うよりも、短時間で2度洗った時の方がより除菌効果が高いとされています。

料理をする前に手を洗うのはもちろんですが、肉や魚などの細菌が繁殖しやすい食材を調理した後や、加熱せずに食べる野菜や果物などの食品に触れる時には、盛りつけ前もこまめに手洗いをして細菌をしっかり除去しましょう。

食中毒になってしまった時、どうすればいいの?

気をつけていたのに、なんだかお腹が痛くなったり、嘔吐してしまったという時もあります。
嘔吐、下痢を伴う一般的な食あたりについてはセルフケアが可能です。

原因に暴飲暴食、お酒の飲み過ぎなど心当たりのある場合は家で安静を取ることが大切です。お腹が痛くなったり吐き気を催すために食べられない場合は、無理に食べる必要はありません。

食事ができるまで回復した時には、なるべく胃腸に優しく温かいものを選び、胃腸に負担をかけないよう少しずつ様子を見ながら食べましょう。

食あたりのときは何度もトイレに行く事で脱水症状に陥ることが多くあります。喉の乾きがない時でも常温の水やお湯、スポーツドリンクなどでこまめに水分補給を行いましょう。

しかし、1~2日安静にしていても症状が収まらない、発熱がある、激しい腹痛を伴っている場合などは食中毒を疑いましょう。そのような症状が見られる時には感染性胃腸炎ウィルス性胃腸炎の可能性があります。症状が重い場合は迷わず医療機関を受診することをおすすめします。
特に注意が必要なのは、長期にわたる下痢や血の混じった便、粘膜が混じった便、色が普段とは異なる便(白、黒、緑、赤など)が見られた時です。このような症状が見られる時は、消化器官のいずれかに疾患があることも考えられるので必ず病院に行き、診察を受けましょう。

ひと手間かけて食中毒知らずに!

いかがでしたか?お弁当に詰める前、料理をする時、家に帰った時など、すこしの手間を加えるだけで食中毒にかかる危険性はぐっと減ります。食中毒はとても苦しく周りにも迷惑をかけてしまう病気です。かかる前からしっかりと対策のポイントを抑えておきましょう。

スポンサーリンク

よければフォローお願いします