「乳酸キャベツ」で美腸に!腸内環境を改善しよう♡ | LaM beauty

「乳酸キャベツ」で美腸に!腸内環境を改善しよう♡

乳酸キャベツで美腸に!

1480585716338056

最近TVで話題のダイエット方法として紹介され注目されている「乳酸キャベツ(別名:ザワークラウト)」ですが、この乳酸キャベツが今、SNSでも大人気なんです!

乳酸キャベツのおかげで便秘が改善された!という人も多いみたいです。乳酸菌キャベツの1番の魅力は「乳酸菌」と「キャベツ」2つの効果が得られることです♡ダイエット効果・便秘改善などのあらゆる効果とレシピをご紹介したいと思います♡

乳酸キャベツの効果とは!?

《植物由来の乳酸菌効果》

1480586025338057

発酵が進むほど増える乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えることで腸内細菌のバランスを整えて腸内環境が改善されます。腸内環境が改善されると便通が良くなるだけではなく、溜まっていた毒素や老廃物が身体の外に出ることで「美肌効果」「免疫力UP」「アレルギー抑制」などの美容や健康への効果が期待できます♡

乳酸キャベツには乳酸菌が億から十億の単位で生息していますがこれはキムチの乳酸菌と同等と考えられます。乳酸キャベツのように植物由来の乳酸菌は、ヨーグルトなどの動物由来の乳酸菌と比べて強い酸性の下でも生きることができるので、胃酸や胆汁酸にさらされても生きて腸まで届きやすいのです。ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は胃や小腸で消化・吸収され大腸までは届きにくいですが、植物由来の乳酸菌は大腸まで届きやすいといわれています♡善玉菌の最大勢力はビフィズス菌なのですが、多くは大腸に存在するのでビフィズス菌のエサになる乳酸菌が大腸まで届くことによって善玉菌が増殖し、腸内環境が改善されます。

《キャベツの効能・効果》

1480644145338210

キャベツにも栄養がたっぷりと含まれていますが、有名なのが胃腸薬にも配合されている胃腸の粘膜修復を促す成分キャベジン(ビタミンU)でビタミンUは胃酸の分泌抑制や胃腸粘膜の新陳代謝などの胃腸を健康に保つ働きがあります♡またビタミンUだけではなく生のキャベツを細かく切ったときにキャベツ酵素が働いてできる「リゾホスファチジン酸(LPA)」という成分にも胃腸の粘膜修復作用が期待できます。

そしてもう1つキャベツの有効成分はガン予防に有効な成分とされている「イソチオシアネート」です。イソチオシアネートは辛味成分の1種ですが、キャベツなど辛味をほとんど感じない野菜の場合はグルコシノレートという配糖体の形で含まれていて、それが体内での消化の過程でイソチオシアネートに変化します。キャベツはガン予防に有効な成分を含む食品のトップクラスにランクインしているというのもこの成分のおかげです♡この成分以外にもキャベツには、ビタミン類やミネラルも豊富になります。

目の健康維持や、皮膚を正常に保つ「ビタミンA」、疲労回復効果のある「ビタミンB1」、代謝を促進し、健康な皮膚や髪・爪などの発育や美容に関わる「ビタミンB2」、美肌効果や抗酸化作用のある「ビタミンC」、血液をサラサラにしてくれる「ビタミンE」など、このようにキャベツにはたくさんの効果が期待できます♡

《キャベツに含まれているミネラルの効果》

1480643481338207

キャベツにはミネラルも豊富に含まれています。骨粗しょう症の予防・イライラの解消・高血圧の予防に効果のある「カルシウムむくみを防止してくれる「カリウム貧血予防の「高脂血症の予防・血糖値・心臓病の改善などに効果のある「マグネシウムなど健康と美容の効果が期待できます♡

乳酸キャベツの作り方

1480586291338059

作り方はとっても簡単です♡
千切りキャベツに塩と砂糖を揉み込み発酵するまで漬けるだけです!

(材料)
・キャベツ 1玉
・塩 小さじ4
・砂糖 小さじ1/2
・清潔なジップロック系ポリ袋
・1.5キロの重り(500ml ペットボトル3本など)
・保存容器
(作り方)
①キャベツは細かく千切りに切る
②キャベツと塩(どちらも半分量)をジッパー袋に入れてよく混ぜておく
③残りのキャベツ・塩・砂糖を投入してからさらにもむこみ
④しんなりしてきたら、余分な空気のみを抜いてからしっかりと閉じる
⑤袋の上から重りをのせ、直射日光を避けて常温で漬ける
⑥そのまま発酵(1~3日)したら完成♡
その後、清潔な保存容器(ビンなど)に移して冷蔵庫へ入れておけば長ければ1ヶ月ほど保存も可能です。お好みで、鷹の爪・唐辛子・コショウなどのスパイスを入れるのもオススメです!食べ方は、そのまま食べたり、お肉や魚に和えたりとレシピは豊富にあるので飽きずに食べれちゃいます♡

乳酸キャベツの効果的な食べ方

1480644356338211

キャベツに含まれるキャベジン(ビタミンU)やリゾホスファチジン酸(LPA)・乳酸菌・ビタミンCは熱に弱いので生で食べるのが1番オススメです♡

ただ乳酸菌は熱によって死滅したとしても死んだ乳酸菌は食物繊維のような働きをしてくれるのでビフィズス菌などの善玉菌のエサになり、増殖を助ける働きがあります。胃腸の効果を期待するのなら生が良いですが、それ以外の効果を期待するのであれば加熱をしても構いません。

またビタミンUやビタミンCは体内に長時間留まることができません。乳酸菌も継続的に摂取することで効果がでます♡♡

乳酸キャベツと相性の良い食品

1473493527319889

乳酸キャベツと相性が良いのは、ヨーグルト・チーズ・納豆などの発酵食品になります♡ほかにも発酵食品同士は味の相性も良いのでオススメです。乳酸キャベツを摂取することで、乳酸菌の働きで腸内環境の改善とともに、便秘の改善や美容、健康にも効果が期待できます♡!

1480644617338212

あなたも是非「乳酸キャベツ」を作って、乳酸キャベツを食生活にとり入れながら美腸を目指してくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よければフォローお願いします