PMS(月経前症候群)による微熱や不眠の対策方法! | LaM beauty

PMS(月経前症候群)による微熱や不眠の対策方法!

PMS(月経前症候群)における、微熱や不眠

1479202015334823

PMS(月経前症候群)症状の原因には女性ホルモンが関係しています。生理前になると女性ホルモンの分泌が変化するので、その影響によりさまざまな症状が起きてしまいます。PMS(月経前症候群)の症状は人によって違いますが、これは体質や性格、生活習慣などによって変わってきます。またストレスが溜まっている人や、体調を崩している場合は症状が強く出てしまうこともあるそうです。

◎微熱

1479201819334822

一般的に微熱は37.5度以下のことをいいます。女性の体温は排卵後に0.3~0.5度ほど高くなるのでさらに微熱で体温が上がってしまうと、いつもより0.6~0.7度ほど高くなることもあります。中には38度まで上がる人もいますがその場合、吐き気や下痢、頭や腰に痛みが出るなどの症状に悩まされることが多いです。

生理前や生理中の微熱は、身体のだるさ・寒気・眠気など風邪に似た症状を伴うこともあり、こうした症状は生理の影響で起こるものなので生理が始まれば治るはずです。基礎体温をつけている人は、基礎体温が1℃以上上がっていたらそれは風邪による発熱の可能性が高いです。
基礎体温をつけていない人でも微熱が生理中や生理が終わっても続く場合は風邪の可能性が高いようです。

◎不眠

1479202171334824

生理前に不眠になってしまう原因は、排卵される黄体ホルモンのプロゲステロンが多く分泌されてしまい、それが体温を上げる作用をすることが原因とされています。体温は眠るときに低くなり、目覚めるときに上がるのが普通ですが、高温期になるとプロゲステロンの作用が活発化することで終日体温を高めに保とうとします。そのため身体が目覚めにくくなってしまい日中強烈な眠気に襲われ、逆に体温が下がらず不眠の原因になります。
ホルモンバランスを整えることで、睡眠前に体温を下げることが対策の1つにもなります。

ホルモンバランスを整えてくれるハーブティー♡

《ラズベリーリーフティー》

1479202290334825

古くから安産に効果的と親しまれてきたラズベリーリーフティーは、子宮に働きかけるパワーがあるため、妊娠中だけではなくPMS(月経前症候群)にも効果が期待できるといわれています。
生理痛を和らげる働きや妊婦さんだけではなく、生理前の不調に悩む人にとてもおすすめです。ほかにも花粉症や口内炎などにも効果があります♡ラズベリーリーフティーはクセがないのでそのままでも飲みやすいハーブティーです。

《バレリアン》

1479202537334826
ハーブの中でも効果効能が豊かなバレリアンですが、安眠効果や鎮静効果があるのでイライラしやすいPMS(月経前症候群)期の神経を落ち着かせてくれる働きがあります♡ストレスによる不安・頭痛・神経の高ぶりを抑えるほかにも不安感の緩和や生理痛を和らげてくれる効果があります。少し独特な香りで、苦味があるのでほかのハーブとブレンドするのがオススメです。

《チェストツリー》

1479202779334827

PMS(月経前症候群)症状の定番ハーブといえば、チェストツリーです♡チェストツリーは女性ホルモンバランスを整える働きがあるので、微熱や生理前のツライ症状を緩和してくれます。チェストツリーはPMS(生理前症候群)の医薬品に有効成分として配合されているほど効果効能があります。少し苦味のあるお茶ですが、ハーブティーとして飲むのも良いですが、チェストツリー配合のサプリも手軽でオススメです♡

PMS(月経前症候群)症状の対策

1476524780327932

①セロトニンを増やす
排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減ることでセロトニン(幸せホルモン)が急激に低下してしまい、ネガティブな気持ちを引き起こしてしまうといわれています。セロトニンを活性化させるには、ウォーキングや階段の昇り降りなどの一定のリズムを刻む運動をしましょう♡日光を浴びるというのも大切なので、屋内ではなく屋外の運動がおすすめです!豆類・乳製品はセロトニンの原材料となるトリプルファンが含まれているので積極的に摂取するとよいでしょう。同時にトリプルファンの代謝に必要であるビタミンB6も合わせて摂るとより効果的です。ビタミンB6は、バナナ・かつお・さんまなどに含まれています。
②身体を温める
身体が冷えてしまうと、PMS(月経前症候群)が悪化する原因になります。自分ではなかなか気づかない冷えですが、お尻やお腹などを触ってチェックしましょう。身体を温めるときは、足首や首などを温めることが大切です♡
足首の内側やくるぶしから指4本分のところは「三陰交」というツボがあるので、ツボを冷やさないように靴下を履くなどして、年中温めることを意識しましょう。
③低GI食品を摂る
排卵後から生理前まで分泌されるプロゲステロンは血糖値を調節するインスリンの効き目を低下させてしまいます。その結果、普段よりも多量のインスリンが必要になり、低血糖を引き起こしてしまいます。低血糖が起きてしまうと、イライラしたり甘いものが無性に食べたくなったりします。ケーキやチョコレートなど砂糖が多く含まれている食品は、血糖値を急激に上げてしまうので再び低血糖になりやすくなるという悪循環を招いてしまいます。血糖値の上昇がゆるやかな低GI食品(食後の血糖値の上昇スピードを計った数値が低いもの)を摂り、血糖値を安定させることが大切です♡玄米・豆類・海藻類・緑黄色野菜などがオススメです!

PMS症状を手軽に緩和する方法!

月経前のダルくてつらい症状を、もっと手軽に緩和したい……そんなあなたにオススメなのが、PMS改善専用サプリの「ルナベリー」です♡

1476520782327921

9種類のハーブと女性に嬉しい栄養素を1粒に凝縮してあるルナベリーは、古くから生理不順やPMSに悩む女性に親しまれてきた「チェストベリー」、生理前のモヤモヤ・イライラを緩和してくれる「月見草」や女性ホルモンのバランスを整えて美肌効果も期待できる「亜麻仁油」などの西洋ハーブによる自然の力で生理前のお悩みを優しくサポートしてくれます♡

ほかにも女性に嬉しい栄養機能食品(ビタミンB群)を配合。生理前の肌荒れやニキビなどの肌トラブル、気分の浮き沈みが激しい女性のために「ビタミンB群」「カルシウム」「マグネシウム」「イソフラボン」も配合されているので、女性の元気とキレイに働きかけてくれます♡

さらに、ルナベリーは飲む全ての女性に安心して飲んでほしいという願いから、安全性を最優先して国内工場で生産されていて、出来上がった製品は1粒1粒人間の目視確認でチェックされているので安心してお飲みいただけます。

ルナベリーは、お薬ではなく健康食品にサプリメントなので、眠気や副作用の心配も一切ありません!
リピート率93.2%の「ルナベリー」はPMS(生理前症候群)症状でお悩みの人に是非一度試していただきたいサプリなんです♡
手軽にPMS諸症状をどうにか改善したいと思っている方は、ぜひ下記ページからルナベリーをチェックしてみてくださいね!

ルナベリーの口コミやPMS(月経前症候群)への効果を調査!
ルナベリーはPMS(月経前症候群)に効くらしい! 女性にとって、月経とは長い付き合いのもの。生涯、約400~500回も起こるものな...

ルナベリーの詳細をチェック!