生理前の胃痛や胃もたれ……PMSが原因かも? | LaM beauty

生理前の胃痛や胃もたれ……PMSが原因かも?

胃痛や胃もたれはPMSが原因?

1476841872328614

あなたは、生理前になると定期的に胃痛や胃もたれが起きることはありませんか?
実はその症状、PMS(月経前症候群)という、生理前のホルモンバランスの乱れが引き起こす症状が原因かもしれません。
PMSの症状として有名なものには情緒不安定、抑うつ、睡眠障害などの神経症状と、胸やお腹が張る、頭や腰の痛み、むくみ、ふらつき、倦怠感などの身体症状があります。
しかし実は、PMSとは関係のないように思われがちな胃痛や胃もたれも引き起こすケースがあります。

PMSが起こりやすいのは月経の1~2週間前とされています。この期間の前に排卵が起こるんですが、その時「プロゲステロン」という黄体ホルモンが過度に分泌されます。黄体ホルモンは、通常「エストロゲン」という卵胞ホルモンとのバランスをとって心と身体の安定を取っているんですが、排卵後から生理までの間には急激にバランスを崩します。PMSの原因は、このホルモンバランスの乱れが原因なんです。

女性ホルモンのバランスが乱れることで、自律神経系のバランスも崩れてしまいます。胃痛や胃もたれもこの自律神経の乱れが原因なんですが、どのような仕組みでこの症状が引き起こされるのかについてご紹介します。

胃痛、胃もたれになるホルモンバランスのしくみ

1479117359334659

通常、胃腸などの消化器官は自律神経によって働きが調節されています。自律神経は大きく分けると、交感神経副交感神経の二種類あるのですが、月経前のPMSによってこのバランスが乱され、胃痛や胃もたれが引き起こされてしまいます。

・交感神経が優位に働く場合
交感神経が優位に働くと、胃腸などの消化器の機能が低下し、働きが弱くなってしまいます。
・副交換神経が優位に働く場合
逆に、副交感神経が優位に働くと、消化器は活動的になり、働きが良くなります。この2つの神経がバランスを取る事で、適度な働きを維持しています。

しかし、月経前のホルモンバランスの影響によってこの2つの神経バランスが崩れてしまうと、どちらか片方が強く働いたり、片方が弱くなってしまう事で体調の波が大きくなります。副交感神経が過剰に働くと、消化器機能が必要以上に活発になってしまい、胃酸の分泌が増えたり、胃の運動が激しくなります。そしてその胃酸によって胃の粘膜が傷つけられることで、胃痛や胃もたれの原因に繋がります。

つらいPMSの対処法は?

1476932940328888

PMSによって胃痛や胃もたれが起こる原因は以上の通りですが、PMSの症状は軽い方もいれば重い方もいます。女性ホルモンの乱れ方も体質によってさまざまですが、その他の原因としては生活習慣が影響している場合もあります。

夜遅くまで仕事や遊びで忙しく、寝る時間が規則的でなかったり、充分に取れていなかったりしませんか?その他にも、日々のストレスを溜め込み、ゆっくりと身体を休める事ができない方も要注意です。生活習慣が乱れていると、PMSが発症しやすくなると言われています。

何よりも一番大切なのは休息を取ることです。
交感神経や副交感神経がバランスを取るために必要なのは、リラックスできる時間を取ったり、趣味を見つけたり、ストレスを溜めないことがポイントになります。

生活習慣はきちんと意識しているのに、なかなかPMSの症状が和らいでくれない……という方は、一度病院での診察をおすすめします。

身体のだるさや胃痛、胃もたれなどは、PMSでよくみられる症状です。これらは生理が終わりを迎えたり、身体を休めることで改善されるのが一般的です。しかし長期間その状態が続いている場合はストレスも溜まりやすくなり、別の重大な病気を招いてしまう可能性もあります。その場合は病院で薬を処方して症状を緩和してもらうことで、安心を得ることができます。

自分はPMSの症状がひどいタイプなのかもしれない」と感じる方や、仕事や大事な用事があってどうしても休めない、という方は、病院に行くことも検討してみましょう。

PMSに効果的な対策は色々あります

1479201134334818

生理前のPMSの症状に悩まされている方には、病院の処方薬や漢方で改善できる場合があります。

胃痛や胃もたれの症状にはもちろん胃薬も効果的ですが、これは一時的な処置なので、症状を毎月繰り返してしまうことになります。月経の周期が安定していない方や、PMSの症状がひどい方はまずホルモンバランスを整えるところから治すことが大切です。

病院で処方してもらうピルや鎮痛剤、精神安定剤などは副作用が出やすく、自分には合わないかも……という心配がある方は漢方を試してみることもオススメです。なかなか漢方には手を出しづらいという場合にはサプリメントを利用することも改善方法のひとつです。

現在は、PMSに有効な漢方、ハーブの成分が濃縮された飲みやすいサプリメントもネット通販などで購入することができます。
サプリメントであれば、PMSに有効なチェストベリーなどのホルモンバランスを整えてくれる成分に加えて、女性に嬉しいビタミンやイソフラボンなどが配合されているものもあります。サプリメントは食品と同じように考えて摂取できるので、ほとんど副作用の心をすることなく、安心して利用することができます。病院の処方薬よりも自然な方法でPMSの対策をしたいという方にはオススメです。

PMSに効くサプリメントが人気!

1479201248334820

サプリメントといっても今はたくさんありますので、どれを選べば良いかわからない、本当に効くものを飲みたい……という方に、今回はPMSに有効なサプリメントの中からひとつオススメのサプリメント、「ルナベリー」をご紹介します。

1476520782327921

ルナベリーはPMSをのりきる有効成分チェストベリーや、月見草オイルを凝縮した自然由来のサプリメントです。

ルナベリーには、地中海沿岸に自生する「チェストツリー」というハーブの果実から抽出した「チェストベリー」が凝縮されて配合されています。このハーブエキスはPMSに効果が高いされていますが、それが40mgも入っているんです。また、他に含まれる月見草オイルや亜麻仁油には、女性ホルモンのバランスを整えてPMSの症状を和らげてくれるだけでなく、美容にも嬉しい効果があります。ルナベリーは化学成分ではなく、そういった伝統的に親しまれてきたハーブなど自然のちからでケアしてくれるので、安心して飲むことができるんです。

ルナベリーの口コミやPMS(月経前症候群)への効果を調査!
ルナベリーはPMS(月経前症候群)に効くらしい! 女性にとって、月経とは長い付き合いのもの。生涯、約400~500回も起こるものな...

◎サプリメントなので副作用がない!

1478050465331819

病院から処方される薬では、副作用で眠くなってしまったり気分が悪くなることを心配をされる方もいらっしゃいますが、ルナベリーは食品と同じサプリメントなので、眠気や副作用の心配がほとんどありません。

◎さらに美肌効果も期待できちゃう!

1475919422326380

生理前、毎月ホルモンバランスが乱れてニキビを繰り返してしまう……という悩みを持つ方もいますよね。ルナベリーにはホルモンバランスを整えて肌荒れを未然に防いでくれる効果のほかに、ビタミンB郡、カルシウム、マグネシウム、イソフラボンなど女性の美容に嬉しい成分が豊富に含まれているので、そんな悩みからも解放してくれます!

今すぐルナベリーを試してみる!

胃もたれとPMSの関係性まとめ

1477282754329739

毎月訪れる生理前のPMS諸症状は、イライラやうつの他にも胃痛や胃もたれなどの身体的症状も辛いものばかりです。身体のダメージはストレスとなって蓄積されてしまい、違う病気を引き起こしてしまうこともあります。

まずは睡眠や食事などの基本的な生活習慣を見直すことからはじめ、自分にあった改善法やサプリメントを見つけて、少しでも楽しく過ごせるように心がけてみてくださいね!