エイジングケアのエルシーノ(LE SINO)美白美容液に配合!ダーマホワイトって? | LaM beauty

エイジングケアのエルシーノ(LE SINO)美白美容液に配合!ダーマホワイトって?

エルシーノに含まれている注目のダーマホワイトって?

222520_xl

エルシーノが美白に効果的である最大の理由は、ダーマホワイトにあります。

「美白の王様」との異名をとるものとして、「アルブチン」が有名ですが、ダーマホワイトにはアルブチンの2倍もの美白効果が認められるということが分かり、美白美容では今大注目を浴びているダーマホワイト。
そんなエルシーノにも贅沢に配合されているダーマホワイトは、どんな成分で、どのようなはたらきが期待できるのかをご紹介します。

エルシーノ(LE SINO)の口コミや美白効果が気になる!成分まで徹底検証!
エルシーノ(LE SINO)は今あるシミにも集中アタック! エルシーノ(LE SINO)は、今あるシミを良くある予防だけではなく、存在...

美白の大革命!新しい美容成分ダーマホワイトって?

dermawhite

ダーマホワイトとは、そもそも何で出来ているのでしょうか?

①フェルラ酸
②ワルテリアインディカ葉エキス
③クエン酸など

ダーマホワイトは、数種類の効果的な美容成分を組み合わせた、新しい美容成分です。

エルシーノに含まれる美白効果で有名なのはハイドロキノンですが、ダーマホワイトはメラニン色素を抑制する働きに優れ、黒色メラニンの生成を妨げます。エルシーノに含まれるハイドロキノンにも同じ働きがあるのですが、ダーマホワイトはそれらの効果に加え、色素沈着を防ぐための非常に有効な美白対策が期待されます。

⇒ シミ徹底除去の決定版!セレブ級美白ケアのエルシーノ(LE SINO)公式サイト

お肌の天敵!シミができてしまう理由とは?

2015y03m03d_212257140

お肌はなぜ、シミやくすみができてしまうのか、まずざっと理解してみましょう。
赤ちゃんの時の生まれたばかりの肌は、新陳代謝が活発で、シミ一つないつるつるでスベスベなお肌をしていますよね。外界に接する露出された肌は、多くの刺激にさらされるため、それらから肌を守るために色々なメカニズムが備わっています。

一番のダメージへの原因!本当は怖い紫外線について

紫外線は、お肌へのダメージの一番の原因とされています。その他にも大気汚染や様々な刺激で、ヒトの肌は刺激を受け続けています。
紫外線による刺激で、メラニン色素を作りだすということは、広く知られていますね。その対策のために、日焼け止めを塗ったり、帽子やサングラスなどを利用しています。ヒトの肌は、ターンオーバーによって、メラニン色素を28日周期で肌から排出させるメカニズムを持っています。メラニン色素そのものは排出されていけば、肌はまた元に戻ってくれますが、大量に紫外線を浴び過ぎたときは、メラニンが通常よりも過剰に生成されてしまったり何らかのトラブルで新陳代謝が遅れると、表皮にメラニンが沈着したり、蓄積しシミとなって定着していきます

shutterstock_244228729

メラニン色素を合成させる成分は、酵素の一つでチロシナーゼと呼ばれるものです。
チロシナーゼが通常よりも過剰に分泌されると、メラニン色素をより増やしてしまいます。メラニンは「チロシン」と呼ばれるアミノ酸の一種。酸化酵素の「チロシナーゼ」が活性化すると、途端に厄介なことになります。
「チロシナーゼ」がチロシンに作用すると、【黒色メラニン】へとチロシンが変化してしまいます。こうして、シミやしわの原因が紫外線や、日常のスキンケアが良くないことなどで、だんだんお肌の劣化を招いてしまい、シミやしわやくすみなどが、悩みになります。

エルシーノに含まれるハイドロキノンや、ダーマホワイトは、この【チロシナーゼの過剰な生成】を強力に抑制する強い働きが認められていて、色素沈着を防ぐための非常に有効な美白対策が期待されています。

ダーマホワイトの優秀成分!フェルラ酸とは?

Rice_Bran

フェルラ酸はポリフェノールの一種ですので美肌アンチエイジングに高い効果が期待されている成分です。物質の酸化防止などが認められ、医薬品や化粧品などの原料に使われています。食品では主に抹茶の退色やバナナの黒変の防止、グリーンピースの色調保持などに使用されています。
フェルラ酸自体も食品添加物リストにありますが、フェルラ酸に含まれているγ-オリザノールや米ぬか抽出出物も酸化防止剤として登録されているほど優秀な成分です。
植物の細胞壁などに存在する物質ですが、主に化学合成で製造されていました。ですが、近年米ぬかから抽出する技術も発見され、注目されています。

◎フェルラ酸の効果

ファルラ酸における抗酸化作用は、最近の研究で動物実験により、ガンにも効果が認められたほど高い抗酸化作用があります。

狭心症や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患やアルツハイマー病、ガンなど一度なると治りにくい恐ろしい病気の予防にも効果が期待できます。さらにアルコールなどによる肝臓毒から起こりうる肝障害、脳神経のダメージを軽減し、糖尿病や高血圧を改善するとの報告もあります。

◎美肌などの効果

フェルラ酸は、必須アミノ酸の一種である「チノシン」と構造がとても似ています。チロシンがメラニン色素に変化する生成の段階でフェルラ酸が入れ替わることで、シミの元凶になるメラニン色素の生成を行わせない働きをすると考えられています。
フェルラ酸がシミの原因であるメラニンの生成を抑える役割を果たすことと、さらにフェルラ酸には紫外線の吸収性が強い性質を持つことから、美白を求める多くの化粧品に配合されています。
フェルラ酸を取り込むと、体の酸化を防ぐ働きをするため、アンチエイジングにも高い効果を表します。また、シミやそばかすなどの沈着を抑制もするため美白効果も期待されています。

◎フェルラ酸のガンへの効果

がん細胞の細胞死を誘導し、抗ガン剤や放射線治療の副作用を緩和、ガンの発生自体を予防する作用があります。

ダーマホワイトの成分!ワルテリアインディカ葉エキスとは?

indica

ワルテリアインディカとは、名前は言いにくいですがそのエキスのちからがすごいんです!
トウダイグサ科タカサゴコバンノキ属ヒメコバンノキから抽出できる植物エキスのことで、いくつかの有効成分と組み合わせると美白効果が非常に高くなります。
シミの原因であるチロシナーゼに直接働きかけ、活性を阻害することにより、メラニンの生成を抑えてくれます。また、美白・ライトニング・色素沈着制御の作用があるので、透明感のある肌が手に入ります。

エルシーノに配合!ダーマホワイトとハイドロキノンとの違いは?

shutterstock_310072547

ダーマホワイトは美白の王様と言われている「アルブチン」すら超える美白効果があると近年注目されており、植物由来の美白成分なので安全でもあります。
また、ハイドロキノンも同じくシミの元であるメラニン色素の除去にとても優れていますが、ダーマホワイトはメラニンの生成自体を抑制する働きに優れており、同じ美白効果といっても大きく異なります
シミを生み出す「チロシナーゼ」の抑制に強い効果を持つ美白成分として「ハイドロキノン」が昨今注目されていますが、このハイドロキノンは紫外線などの外部刺激によるシミにも、ストレスや寝不足など体の内側からの原因によってチノシナーゼが活性する場合にも、効果を発揮します。
注目したいのは、チノシナーゼは老化により減少してく成分だということ。チノシナーゼが減少することにより、髪のメラニンも減っていき、白髪になっていくのです。つまり若い人の方がこのチノシナーゼの働きが活発で、シミが作られやすい状況があります。

今から突然、ストレスフリーの生活をおくることや生活リズムを変えるのは難しいですよね。ですが、エルシーノにはハイドロキノンとダーマホワイトという、同じ美白効果でも異なる働きをする成分が含まれているので、これから出来る可能性があるシミにも、すでにできてしまったシミにも高い効果を発揮してくれますよ!

今なら999円!セレブ級美白美容液エルシーノ

WS000026

今だけ限定価格999円のうちに、ぜひ一度エルシーノを試してみてはいかがでしょうか。ゼニアオイエキスだけでなく、さまざまな高級成分を贅沢に配合した集中美白美容液のエルシーノも、今なら1万円以上も損をせずにお試しができます♡

button-4377

セレブ級の贅沢な美容液をたったの1000円以下で試せるのは今だけ。
しかも今なら、エルシーノ美白サプリまでプレゼント中♡
エルシーノで内側からも、外側からも美白ケアをはじめてみませんか?この機会をお見逃しなく!
https://lamune.jp/archives/418