生理前のイライラはPMSが原因かも。彼と喧嘩しないためには? | LaM beauty

生理前のイライラはPMSが原因かも。彼と喧嘩しないためには?

生理前のつらい悩み、「PMS(月経前症候群)」が原因かも!

1477445563330095

生理前にお腹や頭が痛くなったり、イライラしてしまったり……実はこの悩み、「PMS(月経前症候群)」という症状が原因の場合が大半です。
PMSとはまたの名を「月経前症候群」といいます。特徴として、生理の前にお腹や腰が痛くなるといったカラダの症状や、すぐにイライラしてしまったり突然悲しくなったりするようなココロの症状があります。
生理前にみられる症状やその重さは人によってさまざまですが、これは女性ホルモンの乱れによって引き起こされているようです。

女性ホルモンは、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(エストロゲン)」という2つのホルモンで主に構成されています。
生理ではない通常の期間では、この2つのホルモンの分泌量は一定に保たれているのですが、生理の前になるとこの黄体ホルモン(プロゲステロン)だけが体内で増加することで、卵胞ホルモン(エストロゲン)とのバランスが取れなくなってしまい、女性を悩ませる様々な症状を引き起こしているんです。

生理前、彼の言動によくイラッときちゃう……

shutterstock_304306199

生理前におなかが痛い、頭が重い、イライラする…など、PMSの症状は女性なら誰でも経験したことがあると思います。
そんな時に限って彼に「八つ当たりしないで」「なんでそんなにイライラしてるの」なんて心無いことを言われたりして、ケンカになったことはありませんか?

女の子にとっては大事な「生理」の話。
少し恥ずかしくても、彼に上手に伝えることで理解してくれるかもしれませんよ。今回は、そんなPMSの症状の原因と、PMSのつらさを彼に理解してもらう方法をご紹介します!

◎「食べ過ぎじゃない?」の一言

shutterstock_199535126

生理前は食べても食べても食欲が収まらない!甘いもの、塩辛いものも食べたくなってしまいますし、ご飯の量も増えてしまいますよね。そんな時に「食べ過ぎじゃない?」なんて言われてショックを受けたという経験がある人も中にはいるかと思います。

生理前には黄体ホルモンの分泌が盛んになることで、体もメンタルも不安定になります。また、体にたくさんの栄養が必要になることも、食欲が増えてしまう理由です。
つまりこれは、妊娠に備えて体が栄養を蓄えようとしている働きによるものなんです。
そんな「食べ過ぎじゃない?」という一言には、「赤ちゃんを作れる体に整えるために、エネルギーを補給してるんだよ」と説明してみましょう。そんな理由があるなんて知らなかった!と、きっと理解してくれますよ。

また、柑橘系やジンジャーなどのスパイス系のアロマには食欲抑制効果があります。その他にもストレスを軽減してくれる効果もあるので、生理前にどうしても食欲が収まらない……そんなときにぜひ試してみて下さいね。
もし食べ過ぎてむくんでしまった!という時には、食材の力でむくみを取り除きましょう。むくみ取りには、納豆や豆乳などの大豆製品がオススメです。

◎「八つ当たりしないで」の一言

995731433-separating-upset-arguing-frustration

生理前だからイライラしていると分かっているはずなのに、悪気がなくてもこの一言を言われてしまうと余計にイライラしてしまいますよね。でも、生理がない男性にはこの気持ちの波がなかなか理解できないようです。

イライラを引き起こす生理前のホルモンバランスの乱れは、排卵から1週間後からがピーク。生理日を記録することを習慣にするなどして、「もうすぐイライラする時期だから気をつけよう」とこの時期を自分で把握しておく事により、心理的な負担を減らすことができますよ♡
また、この仕組みや時期を彼に説明することでも彼との衝突を減らすことができるかもしれません。

また、ちょっとしたことでホルモンバランスが乱れないようにする為には、普段から我慢やストレスを溜め込まない&自分なりの発散方法を知っておくことが大切です。

◎「そんなに痛いの?」の一言

shutterstock_272975432

生理前のお腹や頭、腰の痛みもPMSによって引き起こされる症状のひとつです。
しかし男性には生理がありませんから、痛みを知らないのは当然のこと。本当に生理痛がひどい人はベッドから起き上がれなくなったりもしますが、こんな一言を言われては辛いですよね。

痛いときは「チクチクする」「重い石が乗っている感じ」と具体的に説明してみましょう。痛いことが恥ずかしくて言えない、という方は、お腹をさすったり遠回しに生理であることを表現することで、彼も気づいて少しは気遣ってくれるかもしれません。
しかし、ちゃんと伝えないと気づいてくれない場合が多いと思うので、その際は諦めて「生理でお腹が痛くてきつい」とちゃんと伝えてみてください。きっと理解してくれるはずです。

goukoku-tubo

出展:http://目力.com/wp-content/uploads/2015/06/goukoku-tubo.jpg

PMSによる体の痛みが我慢出来ないときは、「合谷」という手の親指と人差し指の骨が合わさった場所から少し人差し指よりの位置を押してみましょう。ツボを押す逆の手の親指を合谷に合わせ、人差し指の骨の下側に親指をもぐりこませるようにあてると良いですよ。

また、体が冷えると生理痛も倍増してしまうので、生理のときは長くお風呂に入ったり、食べ物に気をつけて積極的に体を温めましょう。腹巻きやカイロによってお腹を温めることも、ホルモンバランスを整えることに繋がりますよ!

◎ニキビ増えたね

normal

生理中はホルモンバランスが崩れ、黄体ホルモンの影響でニキビや乾燥などの肌トラブルが起きやすくなります。特にあごや口の周り、フェイスラインなどのUゾーンには気をつけましょう。

また、生理前はニキビ専用の洗顔や化粧水を使うのもオススメです。手ではなく、コットンでパックをしたりしっかりとケアをすることでお肌がしっかり保湿できるのでオススメです♡

大人ニキビに悩む人のために開発されたニキビ専用化粧水!ベルポナチュールが人気の秘密は?効果ないって本当?口コミ、成分から徹底検証!
ベルポナチュールってどんな化粧水? ベルポナチュールとは、お肌の奥からキレイにしてくれるオールインワン化粧水になります...

また、夜はしっかり睡眠時間を確保するのもPMS諸症状の軽減にとって、本当に大切なことです。寝不足などの不規則な生活は、PMSの症状を悪化させてしまうためお肌だけでなく他の体や心の状態悪化にも繋がってしまいます。
成長ホルモンの分泌が活発になる22時に就寝するのが理想的ですが、夜12時までに眠りにつくことを目標にすれば肌荒れや健康にもダメージが少ないですよ!

PMSと付き合っていくにはどうすればいいの?

shutterstock_205139416

PMSの症状は、女性の9割以上が経験すると言われていますが、症状や程度も十人十色なため、まだまだ日本では認知されていないのが現状です。ストレスを溜め込まないように、PMSなのかもしれないと知っておく事が大切なことです。
自分のみでなく、パートナーや周りの人にもPMSについて知ってもらうことで、トラブルを避けてストレスフリーな1ヶ月を送りましょう!