今話題の腸内フローラとは?腸内環境はダイエットに繋がる!? | LaM beauty

今話題の腸内フローラとは?腸内環境はダイエットに繋がる!?

腸内環境はダイエットにつながるって本当?

shutterstock_184197875-400x272

最近、腸内環境を整えるとダイエットに良いといわれていますが、本当に腸内環境を整えるだけでダイエットに繋がるのでしょうか?
そこで今回は、腸内フローラとダイエットの繋がりについて紹介していきたいと思います♡

腸内フローラって?

1477041647329178

私たちの腸内にはたくさんの細菌がいて、これを腸内細菌といいます。
その内訳はなんと100種類以上にも上り、数にすると約100兆個ともいわれています。
なかでも小腸の終わりから大腸にかけての回腸ではその多様な腸内細菌が種類ごとにまとまっていて、ビッシリと腸内の壁面に生息しています。それがまるで、様々な植物が種ごとに群生しているお花畑のようであることから、腸管における腸内細菌の様相を「腸内フローラ」と呼ばれているんです。

◎腸内細菌の種類

腸内に生息している細菌の種類は、人それぞれ顔や個性が違っているように細菌もその人その人ごとに違います。また腸内フローラの状態は、そのときの生活習慣や年齢、ストレスなどによって影響を受け変化します。
まず腸内フローラを構成している腸内細菌を大きく3つに分けて理解していきましょう♡

①善玉菌(有用菌)
悪玉菌の侵入や増殖を防ぐほかに、腸の運動を促し、人の身体に有用な働きをしてくれる菌。
《代表的な菌》ビフィズス菌・フェーカリス菌・乳酸桿菌・アシドフィルス菌など
②悪玉菌(腐敗菌)
腸内の中を腐らせ、有害物質を作る菌。
《代表的な菌》ブドウ球菌・ベーヨネラ・クロストリジウム(ウェルシュ菌)など
③日和見菌
善玉とも悪玉でもなく、体調が崩れたときに悪玉菌として働き菌。
《代表的な菌》大腸菌・バクテロイデスなど

腸内フローラの理想的なバランスは?

shutterstock_266740943

健康な人の腸内には善玉菌が悪玉菌を抑える形で「腸内フローラ」が一定のバランスで維持されています。逆に、何かの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと腸内腐敗が進んでしまい、アンモニア・フェノール・インドールなどの人の健康に有害な物質が増えてしまいます
これらの有害物質が臭いおならの原因や、もっとひどい場合には有害物質が腸管から吸収されてしまい、肝臓・心臓・腎臓などに負担を与えてしまい老化を促進させ、ガンを始めとする様々な生活習慣病の原因になることもあります。

これらのことを踏まえたうえで、理想的な腸内フローラのバランスは「善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割」と言われています!

腸内フローラのバランスを整えるには?

1473656512320234

健康的な人の腸内フローラは悪玉菌よりも善玉菌のほうが多く、善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割が理想です。
しかしある原因によってそのバランスが崩れて、悪玉菌の方が多くなってしまうと腸の蠕動(ぜんどう)運動が悪化してしまい、便秘を引き起こすばかりか、普段善玉菌の働きで適度な量にコントロールされていたエネルギーの吸収が抑えられずに体内の細胞内にどんどん過剰に蓄えられてしまうんです。
そのことが太りやすい身体を作る1つの原因ではないかと近年考えられているそうです。では悪玉菌が増えてしまう原因は一体何でしょうか。
その原因は大きく分けて2つあります。

①加齢
加齢は年をとることによる腸自体の新陳代謝の悪化です。
②高脂肪食
肉類のような脂っこい食べ物や、マーガリン・ショートニング・クリーム類・スナック菓子などの加工食品に含まれているトランス脂肪酸は悪玉菌が好むエサなので、これらを食べる機会が多い人は注意が必要です。

《善玉菌を増やして腸内環境を整えるには?》

shutterstock_146971178

たとえば、便が出ないもしくは便は出るけど臭いが強い・色が黒い・おならが臭い・お腹が張っているなどの兆候があれば、悪玉菌が増えて腸内バランスが崩れているサインかもしれません。
脂肪もつきやすい原因になってしまう腸内環境の悪化は、肌荒れや老化にも悪影響を及ぼし、その他にも様々な病気のリスクも高めてしまいます。

◎腸内環境を整える食べ物

・食物繊維
日本人は総じて食物繊維の摂取が足りないといわれています。1日の摂取目標が20gに対して、平均で14g前後と推定されています。
腸内細菌の1種である「バクテロイデス」という菌は食物繊維をエサにして短鎖脂肪酸という物質を出すことがわかっています。この短鎖脂肪酸は血液に乗って全身に運ばれて、余分な脂肪の蓄積を抑える働きがあります。
・オメガ3系脂肪酸
オリーブ油・亜麻仁油・えごま油などの植物性油脂や海藻・胡桃などの一部のナッツ類・ココナッツオイル・いわし・さば・サーモンなどに含まれている良質な油といわれるオメガ3系脂肪酸の摂取は、腸の働きを滑らかにしてくれる作用があります。
・ヨーグルトや納豆などの発酵食品
味噌・納豆・キムチ・ヨーグルトなどの発酵食品は栄養素が高く、豊富なことに加え乳酸菌などの多様な善玉菌を取り込むことが出来ます。

◎手軽に乳酸菌を摂取したい!

理想的なフローラバランスも、加齢や食生活、ストレスなどの影響によって崩れてしまいます。現実問題、簡単にストレスを取り除き、手っ取り早く食事や生活習慣を改善するというのはとても難しいですよね。
そんなときは、腸内環境を良好に保てるように、手軽に乳酸菌強化食品やサプリメント類を上手く活用していくのがオススメです♡

1473143726319011

出典:出典: http://blog.crooz.jp/10080716/ShowArticle/?no=1836

善玉菌を増やすサプリとしてぜひ取り入れてほしいのが、乳酸菌がたっぷり配合されている今話題の《ホワイトアミノベリー》♡

ホワイトアミノベリーの口コミや成分が気になる!ダイエット効果ある?ない?検証してみました!
ネットで大人気!ホワイトアミノベリーって? ホワイトアミノベリーは、美ショップダイエット部門で第1位を取った実績もある乳酸菌サプリ...

600億個の乳酸菌「ガネデン乳酸菌」配合で、身体の内側から腸内環境を整えスッキリさせてくれます!美肌効果抜群のマキベリーも配合♡さらに基礎代謝をUPさせて脂肪燃焼のサポートをしてくれるアミノ酸が配合されているのでダイエットしている人には嬉しい成分ばかりです♡善玉菌を増やしてくれる乳酸菌がたっぷり配合されたホワイトアミノベリーで手軽に乳酸菌やアミノ酸を摂取して、美容と健康のために自分のカラダへ尽くしてみませんか?

button-3387

あなたもホワイトアミノベリーで善玉菌をたくさん増やして腸内フローラのバランスを保ち、痩せやすい体質を目指してみてはいかがでしょうか♡