毎月29日はお肉の日!お肉を食べてキレイをゲット♡ | LaM beauty

毎月29日はお肉の日!お肉を食べてキレイをゲット♡

夏と言えばバーベキュー!

Grilled-Meats-1

出典:http://resources.nap-camp.com/camphack.nap-camp.com/wp-content/uploads/2014/07/Grilled-Meats-1.jpg

夏真っ盛りですね。こんなに天気がいい日は河原でバーベキューがしたくなるという人も多いと思います。しかしダイエット中だから脂ぎったお肉はちょっと……と敬遠してしまいがち。でもちょっと待ってください。実はお肉にはキレイになれる栄養素がたくさん含まれているんです。今回はそんなお肉の美容効果について調べてみました。

気になるお肉の栄養は?

・カルニチン
カルニチンは牛肉や羊肉の赤身に多く含まれる栄養素です。脂肪をエネルギーとして利用しようとして細胞内に脂肪が取り込まれ、代謝を行う際にはたらきかけるので、脂肪を燃焼させるのを助けてくれます。細胞内に取り込まれなかった脂肪は燃焼せずに蓄積してしまうので肥満の原因になってしまいます。
・ビタミンB群
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6はそれぞれ炭水化物、脂質、タンパク質の代謝を助けます。これらが足りなくなるとせっかく摂った栄養が余計な脂肪として蓄積されてしまいます。肉類には他にも代謝を助けるビタミンB群が多く含まれています。
・必須アミノ酸
人間の体では合成することができず、食事から摂取するしかないアミノ酸のことを必須アミノ酸といいます。お肉の主成分はアミノ酸が集まってできたタンパク質であり、この必須アミノ酸がバランスよく含まれているのです。人間の体を作っている筋肉や皮膚や髪の毛もタンパク質でできています。お肉でタンパク質を補給してアンチエイジングをしましょう。
・鉄分
鉄分は血液にとって重要な成分です。不足すると貧血や顔のくすみの原因にもなってしまいます。特に生理で貧血になりやすい女性や成長期の子ども、スポーツをしている人に積極的に摂ってほしい栄養素です。鉄分はお肉の赤身やレバーに多く含まれています。
・亜鉛
亜鉛は味覚を正常に保つのに重要な栄養素です。DNA合成酵素などのたくさんの酵素の材料なので、細胞の修理に関わり、傷跡の修復をスムーズにするはたらきがあります。鉄分と同様に赤身やレバーに多く含まれています。

ダイエットには脂肪の少ない部位を!

お肉にはさまざまな部位と種類があります。ダイエットで気になるのはやはり脂肪ですよね。脂肪は適量摂ればエネルギーやホルモンの素となるのですが、摂りすぎると悪影響になるのでできるだけ脂肪の少ない部位を選びたいですね。ヘルシーなお肉を食べたい!という時は赤身がオススメです。鶏肉では皮付きのもも肉だと100グラムあたりの脂肪量は14グラムですが、皮なしの胸肉では1.5グラム、ささみでは0.8グラムと大きく差がでます。また牛肉では100グラムあたりの鉄分の量はヒレ肉では2.5ミリグラム、脂身付きのサーロインでは0.9ミリグラムとこちらも差があります。ダイエットには赤身が一番ですね。

調理法でさらにヘルシーに!

お肉は基本加熱調理をしますが、そこに一工夫するだけで余分な脂を落とすことができます。脂身の多いお肉は茹でたり焼いたりするといいでしょう。煮こむものは一度下茹でをする、脂身の部分を切るなどすると気になりません。豚肉は蒸したりしゃぶしゃぶにするとさっぱり食べられますよ。

他のものと一緒にバランスよく食べよう

体にいい栄養素の含まれるお肉ですが、もちろんそれだけ食べていてはいけません。足りない栄養素を他の食材で補い、バランスよく食べることが大事なのです。お肉には食物繊維やビタミンCが含まれません。キレイになりたいなら、腸の掃除をしてくれる食物繊維や免疫力を高め美肌効果のあるビタミンCは欠かせません。付け合わせでキノコ類やジャガイモのソテーを加えるといいでしょう。サンチュなどの緑の野菜とも相性がいいです。ソースも濃厚なものは少し控えてレモンを絞ればビタミンCを摂ることができますよ。

お肉のオススメレシピはこれ!

◎ポトフ
photo
にんじん、ジャガイモ、玉ねぎ、ベーコンを食べやすい大きさに切って茹で、コンソメ、塩コショウで味付けすれば完成です。煮込み料理は何を入れても美味しいところがポイントです。美容にいいと言われるハクサイやキャベツを入れて食物繊維を摂ったり、ビタミンが豊富なトマトを入れるのもいいですよ。
◎鶏手羽のスープ
DSCF3289
鶏の手羽には特にコラーゲンが豊富に含まれています。スープにすれば溶けだしたコラーゲンも残さず摂れるのでオススメです。コラーゲンは肌の弾力や髪や爪にも関わるのでキレイになりたいなら積極的に摂りたいですね。

いかがでしたか?食べ物に含まれる栄養素を正しく知って体の内側からキレイになりましょう!